【ゼロエックス(0x/ZRX)】はDEX(分散型取引所)普及の追い風となる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

イーサリアムのブロックチェーン上で運用されるERC-20規格に準拠したトークンであるゼロエックス (0x/ZRX)の解説記事です!

ゼロエックス (0x/ZRX)は現在、日本の取引所で購入・売却を行うことができないため、Binanceなどの海外の取引所を利用しましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

ゼロエックス (0x/ZRX)の特徴

ゼロエックス (0x/ZRX)とは、DEX(分散型取引所)を構築する上での通信ルール(プロトコル)として機能するプログラムのことを指します

イーサリアムなどのスマートコントラクトを利用して作成される「Dapps」は徐々に普及していますが、まだ多くの課題を残しています

その一つに、それぞれのDappsを利用するには独自の仮想通貨(もしくはトークン)を利用しなければならない点が挙げられます

それを解決しスムーズな取引を行えるようにする手段の一つがゼロエックス (0x/ZRX)です

CEXとDEX

現在、最も仮想通貨の取引が盛んに行われているのがCEXと呼ばれる中央集権取引所です

ここには日本のコインチェックやビットフライヤーなどが含まれ、明確な管理者が存在しているものをこのように呼びます

CEX(中央集権取引所)では、ハッキングに対しての資金の流出の危険性や取り扱える仮想通貨の数が少ないなどの問題があり、今注目されているのがDEX(分散型取引所)です

DEX(分散型取引所)は「Dapps(分散型アプリケーション)」の一つで個々人のユーザーが集まって分散的に管理を行う仕組みとなっています

現在は、まだDEXの流動性はCEXよりも高くありませんが、今後主流の形になるのは確実とみられています

DEXは、システムを利用するのに

  • ユーザーが少ないと取引が成立しない
  • DEX専用の通貨を保有しなければならない

といったデメリットがありますが、ゼロエックス (0x/ZRX)のプロトコルを利用することによって、専用の仮想通貨を用意せずにイーサリアム(ETH)を利用できるようになります

これによりDEXの利便性が向上しユーザーが増えやすくなります

手数料がほとんど必要ない

ゼロエックス (0x/ZRX)では、仮想通貨の取引やスワップを行う際、メインブロックチェーンに取引を記載せずにオフチェーン取引を行っています

これは、イーサリアムのブロックチェーン上で運用されるERC-20トークンで発生しているスケーラリビティ問題を回避するための手法です

オフチェーンで取引を行うことによって、取引の結果のみメインブロックチェーンに記載すれば良いのでトランザクションが少なくてすみます

合わせて、手数料がほとんど必要なくなり、取引を高速化することも可能になります

4つのサービス

ゼロエックス (0x/ZRX)では、DEX(分散型取引所)での流動性を高めるために4つのサービスを展開しています

0x API

AIP(アプリケーション・プログラミング・インターフェイス)によってゼロエックス (0x/ZRX)の取引情報を閲覧できます

世界最大級のDEXである「UniSwap」と同様の機能を他のDEXに提供します

0x Mesh

オフチェーン取引の内容を取引をするユーザー全体に公開するサービスとなっています

ユーザーが注文情報を自由に見ることができるので取引の流動性の上昇につながり、ユーザーの利便性も向上します

0x Instant

世界中の様々なアルトコインを簡単に購入できるようにするプログラムです

ゼロエックス (0x/ZRX)のプロトコルはオープンソースとなっているので、開発者が自由に参入しDappsのリリースを行えます

0x Instant

0x Mesh、Curve、Uniswap、Kyberなどの流動性が高いDEXにおいて仮想通貨の取引を分散注文でいるプログラムです

ユーザーに最も適した金額での仮想通貨取引を提供します

ゼロエックス (0x/ZRX)の将来性

DEX(分散型取引所)の知名度が徐々に上がりつつある今、その流動性を高めるゼロエックス (0x/ZRX)は今後の価値に期待できるのではないでしょうか?

世界最大級の取引所である「Binance」もDEXを提供しました

ブロックチェーンを用いた分散管理が主流になる未来では、DEXがスタンダードとなります

様々なDEXでゼロエックス (0x/ZRX)プロトコルを利用されるようになれば、将来性は明るいのではないでしょうか?

チャート

ゼロエックス (0x/ZRX)のチャートです

購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「ゼロエックス (0x/ZRX)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「ゼロエックス (0x/ZRX)」を購入しましょう!

日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

送金した通貨を目当ての仮想通貨にスワップします

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、目当ての仮想通貨がリップル(XRP)などのスワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました