【カルダノ(ADA)】はPoSを初めて採用した仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

カルダノというプラットフォーム上で稼働する仮想通貨エイダコイン(ADA)はイーサリアム(ETH)を踏襲する仮想通貨として期待されています!

両通貨共にスマートコントラクトやプラットフォームとして開発を行われたものですがその違いはどのようなところにあるのでしょうか?

イーサリアム(ETH)もエイダコイン(ADA)も仮想通貨界の権威でもあるチャールズ・ホスキンソン氏が開発に携わったことからもエイダコインはイーサリアムの代替のなり得るのでしょうか?

カルダノというプラットフォームとエイダコイン(ADA)について分析していきます!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

カルダノとは?

カルダノとは、オープンソースの分散型ブロックチェーンである仮想通貨のプロジェクトの名称です

このプラットフォーム上でエイダコイン(ADA)という専用の仮想通貨が利用されています

どちらの呼称でも仮想通貨の「ADA」と呼ばれているのでややこしいですが、大枠は同じものです

厳密には、仮想通貨名はエイダコイン(ADA)となります

あまり知られていませんがカルダノとは元々、公正なオンラインカジノを運営するプラットフォームとしてリリースされました

現実のカジノやオンラインカジノは、基本的には胴元が勝つように設計されています

それを胴元のいない分散型プラットフォームにより、不正のないカジノの普及のために開発されました

が、最近カルダノはカジノを中核とせずに方向転換を行なっています

カルダノを運営するカルダノ財団では、同プラットフォームの技術の規格・保護・発展や、同ブロックチェーンを用いてビジネスを行う企業・団体の投資や支援に重点を置いています

分散型アプリケーション(Dapps)

分散型アプリケーション(Dapps)とは、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を代表する非中央集権型のシステムです

カルダノで利用されるエイダコイン(ADA)も分散型アプリケーション(Dapps)の一つです

分散型アプリケーションとは、非中央集権型とも言われます

従来の様に、銀行やサービスの提供元などの権利者がどこにあるのかが明確な中央集権型の対義で、権利が参加している全てのユーザーに分散されている状態です

この分散型アプリケーションとして展開するメリットは、

  • 権利者がいないため、全体の多数決で意思決定を行うことができる
  • ブロックチェーン上のデータを全体で監視しているため不正が起こせない
  • 一部分にトラブルが発生しても運営上問題ない
  • 利用回数が増すほどにセキュリティが強固になりハッキングの心配が少ない

といったものが挙げられます

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)

エイダコイン(ADA)は初めてプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用した仮想通貨です

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)とは、仮想通貨を動かすブロックチェーンの仕組みの一つであり、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)の問題点を解決するために生み出された代替システムに当たるものです

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に利用されている技術でこれには以下のような問題点があります

  • セキュリティを維持するための高額手数料(電気代、ガス代など)
  • マイニングによる収益の一極集中
  • コイン保有者とマイナーの利害関係の相違

上記のような問題点を解決するための仕組みがプルーフ・オブ・ステーク(PoS)です

ビットコイン(BTC)などは送金の際の承認作業をマイナーが行い、その際に手数料をマイナーに還元しています

これは送金側に対しては負担が大きく、マイナー側にとっては利益が安定しないデメリットがあります

エイダコイン(ADA)などが採用しているプルーフ・オブ・ステーク(PoS)では、仮想通貨を保有しているユーザーが承認作業を行います

この保有量によって承認作業量が変わってくるのでこれに対して報酬が支払われる。という仕組みです

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)でもマイニングは採用されているのでマイナーに対しても手数料という形で報酬が発生しますが、コインの保有期間と数量に応じて支払われます

これによって、収益が安定化し、一極化(集権化)を避けることが可能です

Goguen(ゴーグエン)

現在、カルダノのブロックチェーン上で利用できる仮想通貨はエイダコイン(ADA)のみとなっています

Goguen(ゴーグエン)と呼ばれるカルダノの運営ロードマップの第三フェーズに突入したことで、スマートコントラクトの機能が実装されます

これに代表されるイーサリアム(ETH)の様に、契約の自動化を行うことが可能になります

例えば、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトで実装可能なものとしては、

  • 不動産の売買契約
  • ネットショッピング
  • 保険
  • 有価証券の購入

などを始めとするあらゆる契約を不正なく行うことが可能です

エイダコイン(ADA)においても同様の機能が実装され、且つカルダノブロックチェーンを基軸として新しいトークンを生み出せるようになります

これは、カルダノがプラットフォームとしてイーサリアム(ETH)と同じ土俵に立つことを意味します

エイダコインの将来性は?

カルダノブロックチェーン上で利用されるエイダコイン(ADA)はまだ今後大きく飛躍する可能性を秘めています

既に、先行販売から600倍以上に値段が跳ね上がり多数の億万長者を輩出しているこの仮想通貨ですが、実はまだロードマップ5段階中の3段階目でしかありません

カルダノのロードマップは

BYRON(バイロン)

カルダノブロックチェーンおける1段階目のフェーズ

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を実装したエイダコイン(ADA)の売買を可能にし、数学的に保証されたセキュリティとネットワーク技術を提供する

SHELLEY(シェリー)

2段階目のフェーズ

Cardanoが分散化を最適化するまでに必要となる初期のステップを網羅

特定のマイニングプール(組織的なマイナー)にコントロールされることを避け、カルダノコミュニティがコントロールを行えるよう準備される

GOGUEN(ゴーグエン)

3段階目のフェーズ

イーサリアム(ETH)に機能性が並びスマートコントラクトの実装及び、カルダノブロックチェーン上で代替可能性トークン・非代替トークンの作成が可能となる

現在はこのフェーズ

BASHO(バショー)

4段階目のフェーズ

スケーラビリティの改良、そしてネットワークの相互運用性の開発を発展させる

これにより、現実の決済に導入しても違和感のないようなシステムに変貌する

カルダノのブロックチェーンは仮想通貨界において圧倒的なパフォーマンスの高さと、柔軟性を兼ね備えたブロックチェーンプラットフォームへと成る

bitbank
VOLTAIRE(ボルテール)

カルダノブロックチェーンの最終段階

カルダノが完全な分散型ブロックチェーンとなる最後のフェーズ

投票システムとトレジャリーシステムの導入により、カルダノブロックチェーンで発行された仮想通貨保有者がネットワーク開発の展望に参入可能となる

これによってブロックチェーン参加者が分散された権利を保有し、管理、成長においた意思決定を全て行えるように成る

投資価値はあり

上記のように現状から大きく成長する可能性をみると、それに応じた価値の上昇が期待できます

投資家や開発者は、先駆者よりも後発的に出てきたサービスの方が拡張性が高く有利である。と話しています

これはイーサリアム(ETH)を超える可能性があると捉えることもできます

しかし、現在では国内の取引所でエイダコイン(ADA)の取引を行うことができないので、海外の取引所を利用しましょう

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

チャートと購入方法

カルダノ(ADA)のチャートです

購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「カルダノ(ADA)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「カルダノ(ADA)」を購入しましょう!

日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました