【AresProtocol(ARES)】は分散型クロスチェーンOracleサービスの仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

AresProtocol(ARES)は、PolkadotDeFiエコシステムに安全で信頼性の高いデータサービスを提供するオンチェーン検証済みのオラクルプロトコルとなっています

現在、AresProtocol(ARES)はICOを行なっているため、取引所(CEX、DEX)で購入することはできません

ICO後には、海外の取引所(CEX)のBinanceやDEX(分散型取引所)などで利用できるようになると思われるので先に口座の準備をしておくといいでしょう

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
スポンサーリンク
コインチェック

AresProtocol(ARES)の特徴

発行枚数10,000,000 ARES(トークンセール)
公式URLhttps://aresprotocol.com/
国内上場未定
購入できる取引所調査中
ブロックチェーンの種類Polkadot(DOT)トークン
コンセンサスアルゴリズム調査中

5つの役割

AresProtocol(ARES)はPolkadotのエコロジーにリンクしそのセキュリティコンセンサスを共有するためのパラチェーンとして構築されています

分散型データサービスをPolkadotエコシステムとそのパラチェーンに提供するスケーラブルなオラクルネットワークとなっています

AresProtocolにはユーザーに5つの役割を与え、信頼できるネットワークを構築します

アグリゲーター

アグリゲーターとは、需要と共有のバランサーのことを指します

アグリゲーターはスキャナーを介して外部要求データを取得し、要求をプロバイダーに送信してすべてのOracle要求を処理し、VRFを使用してアグリゲーターのランダム性を確保します

チャレンジャー

チャレンジャーは、アグリゲーターによって送信されたデータの整合性と有効性を検証し、不正なアグリゲーターデータと正しいデータを評判委員会に提出して報酬を求めます

評判委員会

バリデーターにインセンティブを与え、悪意のあるアグリゲーターを罰することで、Aresネットワークのセキュリティが確保されます

評判委員会はコミュニティによって完全に自治されており、トークンの抵当とレピュテーション(評判)の重み付けを通じて評判委員会に立候補しています

データコンシューマー

データコンシューマーは、スマートコントラクト、パラチェーン、およびDappsで外部データを取得する必要があるオブジェクトである可能性があります

それらは、DeFi、予測市場、およびギャンブルに関するさまざまな信頼できる説得力のあるデータを提供できます

ノードオペレーター

ノードオペレーターは、Aresネットワークのフルノードとしてローカルに保存されたデータマーケットと比較してデータを検証しています

また、Aresネットワークのセキュリティを確保しOracleRPCサービスを提供します

経済モデル

Aresトークンは、システムのすべての参加者を意欲的に活動させます

コミュニティガバナンスを通じてエコシステムの成長と発展を確実にするためにリリースされます

ノードの委託

少量のARESトークンを担保することで、サードパーティがアレスネットワークにアクセスするノードになることができます。マイニング報酬を獲得するためのオラクルサービスを提供します

取引手数料

Oracleリクエストごとに、ノードに処理料金を支払う必要があります

仲裁

アグリゲーターまたはチャレンジャーは、チャレンジャーの論争によって罰せられ、料金の一部は評判委員会に報われます

財務省

Aresネットワークの財務局では、財務資金は、取引手数料、悪意のあるノードへの罰則、および質権のインフレの一部から発生します

財務資金は挑戦者に報酬を与え、データ要求者の損失を補いエコシステムを構築するために使用されます

コミュニティガバナンス

Aresパスを持っている人は誰でも統治する権利があり、プロトコルのアップグレードと評判委員会の選挙に投票することができます

評判委員会は、バリデーターにインセンティブを与え、悪意のあるノードを罰することにより、Aresネットワークのセキュリティを確保します

アプリシナリオ

Polkadotのパラチェーン、プラットフォームとしてのイーサリアム、Link Platformのスマートコントラクトを利用したAresProtocol(ARES)のシナリオは多岐に渡って構想されています

DeFi

Aresは分散型の安定したコイン、AMM、貸付、保険、金融デリバティブなどのDeFiユースケース向けに、正確で信頼性の高いリアルタイムのオフチェーンデータを提供します

DeFiプロジェクトの開発に便利なすぐに使える安定したインフラストラクチャを提供します

分散型アイデンティティ

分散型IDソリューションは、安全で制御可能でポータブルなデジタルIDを提供します

ウォレットプロバイダー、検証プロバイダー、DAPP開発者、およびインフラストラクチャプロバイダーにワンストップソリューションを提供します

IoT

IoTデバイスによってキャプチャされたデータパラメータを使用して、スマートコントラクトをトリガーし、サプライチェーン、スマートホーム業界のID確認などで新しいビジネスモデルを作成できます

AresプロトコルはこれらのIoTデバイスとブロックチェーン間の安全なミドルウェアとして機能します

ブロックチェーンに配信する前に、IoTデバイスからのデータを検証できます

AugurやGnosisなどの分散型予測市場はビッグデータを使用して、大統領選挙やスポーツくじの結果などの現実世界の結果を予測します

ゲームとNFT

Aresプロトコルは、ブロックチェーンゲームで予測できないゲームプレイシナリオを生成を行えます

NFTのミンティングを有効にしたりするために使用できる、チェーン上で検証可能なランダム性を提供できます

ロードマップ

AresProtocol(ARES)は現在ICOにより資金調達の最中ではありますが、明確なロードマップが公開されています

2020,Q4
  • ホワイトペーパー1.0がリリース
  • コアプロトコルの設計
  • WEB3財団助成金申請書
  • パレットとオフチェーン作業に基づくプロトタイプ開発
2021,Q1
  • イエローブック発売
  • Oracleユーザーのチェーン間の相互作用を改善する
  • アグリゲーターのランダム選択とオンチェーンアグリゲーションを実現
  • チャレンジャーと仲裁評議会モデルを改善する
  • Cexでのトークンリシッティング
2021,Q2
  • 経済モデルの設計を改善する
  • テストネットを起動します
  • AresプロトコルのPolkadotDeFiプロジェクトへの統合
2021,Q3
  • メインネットを起動
  • マルチチャネルサービス連携を実施する
  • 企業との正式な協力
  • エコマラソン開発者活動

チャートと将来性

現在、ICO中であるためAresProtocol(ARES)のチャートは確認できていません

ICO price $0.06

AresProtocol(ARES)の将来性

AresProtocol(ARES)は、Polkadotのパラチェーンを利用するプロトコルとして個人よりも企業で利用されることに重点をおいています

ICOの結果にも左右されますが、初期セールの金額を考えると投資価値は十分と言えるのではないでしょうか?

また、投資価値は現在調査中の仮想通貨(トークン)の総発行枚数にも依存しますので、判明次第情報を追加します

AresProtocol(ARES)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「AresProtocol(ARES)」を購入することができません

ローンチされた後は海外の取引所を利用して「AresProtocol(ARES)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

基本的には、銀行振込の方が手数料も安く出金できるまでのスピードも速いのでこちらを利用しましょう!

コンビニ入金やクイック入金は、急ぎで仮想通貨を購入したい場合に利用します

どちらも一長一短なので臨機応変に使い分けることをお勧めします!

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました