【ATFinance(AT)】はBSC上の6つのDappsからなるエコシステムで利用される仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

AT Finance(AT)は、インドネシアとシンガポールに拠点を置くスタートアップチームが開発したプラットフォームです

BSC(バイナンススマートチェーン)Network 上で開発された6種類のDappsによって作成された小さなエコシステムのガバナンストークンです

スポンサーリンク
コインチェック

ATFinance(AT)の特徴

発行枚数100,000,000 AT
公式URLhttps://at.finance/
国内上場未定
購入できる取引所DEX(Pancakeswap)
ブロックチェーンの種類BSC
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0x87eba250a34e7486eab140d89e2eb5d8d113ea2d

6つのDapps

AT Financeは、BSC(BinanceSmartChain)ネットワーク上の 6 つのDappsによって作成された小さなエコシステムとなっています

  • NFT マーケットプレイス
  • 流動性アグリゲータープラットフォーム
  • ファーミング&ステーキングプラットフォーム
  • BSC トークン ローンチパッド

および開発中の未公開プラットフォームが2つ含まれています

NFTマーケットプレイス

ユーザーは、簡単にNFTアイテムの収集や販売を行うことができます

AT Financeでは誰でもクリエイターとなることができるので、NFTの作成も容易です

また、このプラットフォームで販売しないことも選択肢として選ぶことができます

Farming&Staking

プラットフォームでIDOがローンチされるたびに、ローンチされたトークンに基づいて新しいファーミングプールが展開されます

IDO後、他のプラットフォームを探し出し、ファーミングプールのために不要なコストが掛かっていたことに対してのソリューションを提供します

流動性アグリゲーター

トレーダーはリクイディティ・アグリゲーターを利用して、様々なリクイディティプールの中から最適な価格を見つけ出します

ローンチパッド

ATFinanceのIDOはコミュニティのメンバーに、ローンチパッドで新しいトークンを獲得するチャンスを与えます

BSCPADと同様に、ICOやIDOにおいてボットを利用し購入権の独占が散見される事例に対してのソリューションを提供しています

デフレトークン

AT Finance には、トランザクションが発生する度にその一部が自動的にプールに送信される独自の書き込みメカニズムがあります

トークンをバーンすると、利用可能な在庫からトークンが排除され、既存の流通しているトークンはより高価になります

バーニングサイクル

トークンが現在流通している仮想通貨のプールから除外されると、そのトークンはバーンされます

ATトークンは合計148サイクルの間、バーニングサイクルが実行されます

バーンレート

ATファイナンスのバーンレートはトランザクションの5%から12%となっています

リベース

バーンされたトークンの合計が目標のしきい値を超えると、ポジティブなリベースが発生します

バーンされた供給量の50%がトークンホルダーに再度分配されます

ロードマップ

ATFinance(AT)の開発ロードマップを紹介します

2021年第2四半期
  • ファーミングとステーキングプール
  • トークンのリリース
2021年第3四半期
  • Launchpad リリース (ALPHA)
  • 流動性アグリゲーター開発を開始
2021年第4四半期
  • Launchpad リリース安定版 v1
  • 流動性アグリゲーターのリリース (ALPHA)
  • NFTマーケットプレイスの開発開始
2022年第1四半期
  • NFT マーケットプレイス リリース (ALPHA)
  • Liquidity Aggregator リリース安定版 v1
  • NFT マーケットプレイスリリース安定版 V1

チャート

ATFinance(AT)のチャート情報です

購入方法

現在、ATFinance(AT)トークンの購入・売却は、CoincheckやBinanceなどのCEX(中央集権取引所)ではまだ行えません

BSC(バイナンススマートチェーン)に対応したDEX(分散型取引所)を利用する必要があります

ATFinance(AT)の取引が行えるDEXは「Pancakeswap」となっています

ウォレット(MetaMask、TrustWalletなど)にBSCネットワークを追加して取引を行いましょう!

ウォレットやDEXの利用方法については以下のリンクの記事を参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました