【Avalanche(AVAX)】はDeFiに革命をもたらす仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

流通し、Avalancheのブロックチェーンを利用するユーザーが増えれば増えるほどに価値が上昇する仮想通貨AVAXとは何かを解説します!

Avalanche(AVAX)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と同様に独自のブロックチェーンを持っています

Avalancheのブロックチェーンは大きく分けて4つの機能を提供するプラットフォームとして稼働をし、そのエコシステムで利用される通貨がAVAXです

このAVAXは発行上限数が720,000,000AVAXに定められており、Avalancheを利用するたびに通貨を消費(焼却)するので相対的に希少価値が上がっていく仕組みとなっています

スポンサーリンク
コインチェック

Avalancheの特徴

Avalancheはイーサリアムやビットコインの弱点であるトランザクション問題を解決するために開発された仮想通貨の一つですが、Avalancheは他の仮想通貨やトークンとは明確な違いがあります

  • 秒間6,500件の処理速度
  • DAGの最適化
  • プライマリーネットワーク

この3つの大きな特徴からイーサリアムとの互換性は保ちつつも「イーサリアムキラー」と期待されています

秒間4,500件の処理速度

これは、急速に普及したブロックチェーンの大きな問題の一つとなっています

最も取引量の多いビットコイン(BTC)は秒間に7件程度の取引しか処理をすることができず、送金に大きな遅延が発生し続けている状態です

このスケーラリビティ問題に取り組み個人・法人間での送金手段の一つとして開発されたのがリップル(XRP)やステラルーメン(XLM)です

リップルは秒間1500件もの取引を処理することができ、非常に高い技術力から注目を集めました

しかし、取引速度のこれ以上の向上はブロックチェーンにおいて非常に高い壁となっています

それは送金速度を早めることによってセキュリティが疎かになってしまうからです

Avalanche(AVAX)はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)が採用するコンセンサスアルゴリズムであるPoWとは異なる承認手法によって取引の高速化を実現しました

結果として、Avalanche(AVAX)は秒間4,500件もの取引を処理する能力を有しています

DAGの最適化

パブリックブロックチェーンのAvalancheは、コンセンサスアルゴリズムとしてPoSを採用し、DAGの最適化を行なっています

PoSとは、PoWのエネルギー問題や報酬の一極集中を避けるために考案され現在では、ほとんどのアルトコインで採用されています

PoSにおいてマイニングは、保有している仮想通貨の貸し出しを行い、その期間と数量に応じて報酬を受け取れるシステムとなっています

この貸し出し行為をステーキングと言い、AVAXのステーキングには2000AVAX以上が条件となっています

コンセンサスアルゴリズムの他にもブロックチェーンの形態を大きく進化させるのがDAG(Directed acyclic graph)です

ブロックチェーンは、取引データを格納したブロックを暗号化しハッシュ値を用いて次のブロックに繋いでいくことでセキュリティを保持しています

取引を早く行うにはブロックの決められた容量(取引数)を増やすか生成速度を上げるかの2択でした

ブロックの容量を上げるとより一極集中が進み、生成速度を上げると暗号化が簡易になるためセキュリティ上の懸念が出ます

これを改善するため今までの様な一本のプログラムの連続ではなく、樹形図のように枝分かれしたブロックチェーンであるDAG(Directed acyclic graph)が考案されました

基本的なシステムは従来のブロックチェーンと同様ですが、枝分かれしてブロックを生成できる分、ブロック容量は実質無制限となります

DAGを利用することによって、セキュリティを維持した状態でより取引を処理する能力を引き上げました

プライマリーネットワーク

プライマリネットワークとはAvalancheの中で小規模のバリデータネットワークを構築できる機能です

バリデータネットワークは

  • プラットフォームチェーン
  • エクスチェンジチェーン
  • コントラクトチェーン

の3つの要素から構成され、このバリデータネットワーク(サブネット)を利用して、独自の仮想通貨を発行することを可能にしています

プラットフォームチェーン

バリデータ・サブネットを管理しているのがこのプラットフォームチェーンです

Avalancheネットワークに参加したバリデータのAVAXをステーキングを行います

Binance
エクスチェンジチェーン

資産の即時交換を可能にし、Avalancheエコシステムの中核を担っています

プラットフォームチェーンとコントラクトチェーンは従来の一本のブロックチェーンなのに対して、このエクスチェンジチェーンはDAG構造で構築され、圧倒的な処理性能を有しています

コントラクトチェーン

Snowmanと呼ばれるスマートコントラクトに最適化されたコンセンサスプロトコルを利用して運用されます

イーサリアムのブロックチェーンとのインターオペラビリティ(互換性)を可能にしています

これは、Avalancheのブロックチェーン上でERC20トークンを運用可能にすることを意味しています

購入方法と将来性

イーサリアムとの互換性を持ちながら「イーサリアムキラー」とも呼ばれているAvalanche(AVAX)の価値は今後どうなるのでしょうか?

Avalancheの価値の推移を予想するのには、希少性と普及度合いが大きく関わってきます

前述した、Avalancheのブロックチェーンで動くプライマリーネットワークをを利用したトークンの発行を行うには、Avalancheのバリデータとして参加しなければなりません

また、トークンを発行した場合はAVAXと引き換えとなり、所持していたAVAXは焼却されます

これにより、Avalancheが利用されればされるほど焼却数は多くなり、AVAXの希少性は高まります!

AVAXの取引

Avalanche(AVAX)は国内の取引所ではまだ扱いがなく、日本円で購入・売却を行うことができません

しかし、公式サイトが、英語・スペイン語・日本語に対応しているのを見ると日本市場への上場も時間の問題ではないでしょうか?

今のうちにAvalanche(AVAX)を保有しておきたい方は海外の仮想通貨口座を利用して購入しましょう!

世界最大の取引高を誇る「Binance」は完全に日本語対応しているので初心者でも安心して利用できます!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

チャートと将来性

チャート

Avalanche(AVAX)のチャートです

Avalanche(AVAX)の将来性

Avalanche(AVAX)は、DAGを用いて既存のコンセンサスアルゴリズムやブロックチェーンの仕組みを大きく変えることができるポテンシャルを持っています

DeFiがスタンダードとなると予測されている将来においてAvalanche(AVAX)は価値を上げる可能性が高いと言えます

Avalanche(AVAX)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Avalanche(AVAX)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Avalanche(AVAX)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました