【B2X(B2X)】は新しいステーキングプラットフォームを構築する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

プラットフォームに参加する人々により高い報酬を還元するために開発および最適化されたガバナンストークンである「B2X」の紹介記事です

従来までのステーキングプラットフォームのアイデアから派生したB2Xプラットフォームは、それを次のレベルに引き上げます

スポンサーリンク
コインチェック

B2Xの特徴

発行枚数不明
公式URLhttps://b2xtoken.io/
国内上場未定
購入できる取引所DEX(Pancakeswap)
ブロックチェーンの種類BSC
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0xb1b568b17689a77f18147a2a26fa0798dd63c2ba

B2Xプラットフォーム

B2Xを利用可能な最も収益性の高いステーキングプラットフォームの1つになることを目標としています

ロビーオークションに参加するすべてのBNBトークンの45%を還元します

毎日開催されるオークションに参加するBNBの40%がVaultにプールされ、Vaultの価値に基づいてユーザーにドロップダウンされます

ステーキングシステム

ユーザーはステーキングポータル内でB2Xトークンをステーキングし、毎日利息を獲得することができます

さらに、ステーカーは、ステークされているトークンの総数のパーセンテージに基づいて、ロビーからBNBトークンを受け取ることも可能です

ロードマップ

B2Xの開発ロードマップを紹介します

ステーキング&配当プラットフォームの開発

ステーカーに報酬を与えるために開発された、B2XインタレストとBNB配当の両方の獲得を含むステーキングプラットフォームを提供します

安定した価格

オークションロビーにプールされたBNBの10%は、パンケーキスワップで買い戻しを行います

これは流動性を追加するために使用されます

スマートコントラクトの開発

B2Xは、非常に高速なトランザクションを提供しています

今後はオープンソースのスマートコントラクトゲームとdappが追加され、トークンの使いやすさを向上させます

チャート

B2Xのチャート情報です

購入方法

B2Xを購入するためには、BSC系のトークンを扱うことのできるDEX(分散型取引所)である「Pancakeswap」を利用する必要があります

DEXを利用するには、

  • Binanceアカウント
  • ウォレット
  • 国内の取引所アカウント

が必要になります

海外に拠点があり、世界最大級の仮想通貨取引所である「Binance」では日本円の入金が行えないため、仮想通貨を送金する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)と比較して手数料が格安なリップル(XRP)を扱うことのできる「Coincheck」や「bitFlyer」がおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました