【ベーシックアテンショントークン(BAT)】は広告業界に革命を起こす仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

仮想通貨のベーシックアテンショントークン(BAT)について解説します

最近、大幅な価格上昇を続け注目をされている仮想通貨です

BATの購入・売却は、下記の国内取引所で行えます!

GMOコイン
スポンサーリンク
コインチェック

BATとはどのような仮想通貨?

ベーシックアテンショントークン(BAT)はどのような目的で開発された仮想通貨なのでしょうか?

高速ブラウザ

BATは、Webブラウザ『brave』で利用される独自トークンとなっています

新しいWebブラウザ「brave」は、Google Chromeやfirefoxなどと比較して非常に高速なブラウザとして知られています

なぜ高速なのかというと、広告の表示をデフォルトでブロックできる仕様となっているからです

以下の公式比較からも確認できるようにbraveの表示速度はメジャーなブラウザと比較しても2〜3倍以上は早くなっています

近年のウェブサイトは広告を過剰に表示させているものもあり、その広告の読み込み時間がサイト本体の読み込み時間を大きく超えてしまうことも珍しくありません

これをデフォルトでブロック可能なのが「brave」です

広告

このブラウザでは広告のブロックはデフォルトでONの状態になっていますが、広告を閲覧することも可能です

広告を閲覧することによりユーザーが得られるメリットとは、「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の還元です

広告の収益は通常、コンテンツやプラットフォームの運営者に渡されるようになっていますが、そこに対し新たな切り口で開発されたのが「ベーシックアテンショントークン(BAT)」です

ユーザーが各々広告の閲覧を選択することによって、その収益は

  • braveの運営
  • コンテンツやプラットフォームの運営
  • ユーザー

の3つに分配されます

従来の広告ではユーザーが閲覧したところで一切の恩恵を受けられない状態だったのですが、「brave」を利用することで恩恵を受けることができます

コンテンツ運営

このブラウザおよび仮想通貨の登場はコンテンツやプラットフォームの運営者にも大きな影響があります

従来は多額の広告費を払ってもターゲットとなるユーザーに広告が表示される割合は高くはありませんでした

しかし、「brave」を利用することによってユーザー自身で広告の選別を行なってくれるため興味あるユーザーが閲覧してくれる可能性が高くなります

BITPOINT

また、広告費用でサービスを運営している方々もコンテンツブロッカーの登場で収益が低迷する可能性がありました

ユーザーがbraveを利用すればユーザーにも恩恵があるため広告を受け入れてもらえる可能性が高くなります

このように広告を表示させる側と広告を閲覧するユーザー側とにメリットがあるのが新しいブラウザである「brave」です

bitFlyer

今後の予想

braveで利用できる仮想通貨である「ベーシックアテンショントークン(BAT)」はここ数ヶ月でも数倍に価値が上昇しています

少ないユーザー数では広告事業全体の改善は難しいものの、braveブラウザー利用するユーザーが多くなればなるほどBATは流通し価値を上昇させます

従来のように受動的に広告を閲覧するのではなく、コンテンツの価値を見定めて取捨選択できる「brave」の成長に期待できます

「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取引は以下の取引所から可能です

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
オススメ取引所 No. 2「ビットフライヤー」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
国内仮想通貨の取引高1位、世界9位の取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・クイック・Tポイント★★★★★
オススメ取引所 「 BitPoint」
日本で初めてトロン(TRX)を上場させた取引所!
取引手数料や出庫手数料が無料!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数7種類★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行/即時入金★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました