【BitTorrent(BTT)】はP2Pをブロックチェーンにより普及させる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

BitTorrentは2001年から提供されているサービスでファイル転送用プロトコル及びその通信を行うソフトウェアのことを指します

このソフトウェアに仮想通貨(トークン)を組み合わせたものが「BitTorrent(BTT)」です

BitTorrent(BTT)はTRONのプラットフォーム上での規格「TRC-10」を用いて開発されたトークンです

現在、BitTorrent(BTT)を日本の取引所で購入・売却することはできませんので、海外の取引所を利用しましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

BitTorrent(BTT)の特徴

BitTorrentは、Peer to Peer(P2P)通信を用いたサービスを早くから展開している企業として有名でした

しかし、金子勇氏のようにファイル共有ソフトが違法アップ・ダウンロードに利用され、社会的に良いものとはされていなかった過去があります

また普及を妨げている要因として、ユーザーがネットワークのノードとなった際に、ダウンロードを完了後、アップロードを行わずにネットワークを切断してしまっているという背景があります

ファイル共有ソフトにおいてはダウンロードを効率的に行うためにアップローダーを確保しなければなりませんでした

アップローダーを永続的に確保するために報酬システムとして採用されたのがこの「BitTorrent(BTT)」です

IEO

BitTorrent(BTT)は2019年度に世界最大級の仮想通貨取引所である「Binance」にてIEOを行い注目を集めました

IEOとはICOに続いて考案された仮想通貨の資金調達手段の一つです

ICO(Initial Coin Offering)はイーサリアム(ETH)のスマートコントラクトを利用した資金調達手段で、スタートアップの団体にETHを送ることで新しいトークンを得られるというものです

ICOはクラウドファンディングとは異なり、知名度の低い通貨を先に購入する新しい投資手段として成功しいくつものプロジェクトを起動に乗せることに成功しました

しかし、ICOでは出資後に出資先の音沙汰がなくなるなど詐欺案件が散見されていました

IEO(Initial Exchange Offering)は、ICOよりもクローズな環境で行われる資金調達方法です

具体的には、仮想通貨の取引所で資金の調達を行います

取引所が、スタートアップの団体や仮想通貨としての信頼性を検証し、資金調達のバックアップを行うため安心して利用できます

しかし、グローバルに展開するわけではないため、取引所の口座を持っている人しか出資を行えず資金調達額はICOに劣ってしまう場合があります

BitTorrent(BTT)はバイナンスのIEOにより、わずか18分間の間で8億円相当の資金を調達し、IEOとそのトークンの名前を世に広めることに成功しました

BitTorrent Speed

Peer to Peer(P2P)では、ダウンロードを行うユーザーは多くの恩恵を受けることができますが、アップローダーはメリットが0と言っても過言ではない現状でした

BitTorrent Speedはアップローダーにメリットをもたらす仕組みです

ダウンロードを行うユーザーはBitTorrent(BTT)を支払うことによって、優先的にアップローダーに接続を行うことができます

Peer to Peer(P2P)の仕組み上、特定のサーバーにデータが保存されている訳ではないため、安定してオンラインになっているアップローダーに接続が行えないとダウンロードが完了しません

この仕組みを採用することで、ダウンローダーは安定かつ高速で目当てのデータを手に入れることができ、

アップローダーは収益化できることから、インセンティブのためにデータ総量を増やそうとします

結果として、Peer to Peer(P2P)ネットワークが安定して運用されるようになります

BitTorrent Live

BitTorrent Liveとは、TikTokやポコチャ、ビゴライブのようにライブストリーミング配信を行えるアプリケーションです

BitTorrent Liveで、配信を行うことによって投げ銭に似たシステムで「BitTorrent(BTT)」を受け取ることができます

ライブ配信を行った映像や音声はブロックチェーンを用いることでNFTとして管理する計画もあります

NFTはデジタルコンテンツに著作権・所有権を持たせ唯一無二の価値を付与し法定通貨との売買を可能にします

BitTorrent Liveは過去、サービス展開が行われていましたが、現在は提供を中止し再度、開発が行われています

公式サイトにてメンバーの登録を行うことで、テスト版の配信時に通知を受け取ることもできるようになっています

チャートと将来性

BitTorrent(BTT)のチャートです

BitTorrent(BTT)の将来性

BitTorrent(BTT)は、ブロックチェーンが普及するよりも10年ほど前から分散管理システムを利用してきました

過去、普及が滞っていたP2Pネットワークに対してもブロックチェーンを用いる新しい手段を用いる事でデータの流動性を高めることができます

今後のファイル送受信の方法が、指定のサーバーからではなく、目的のデータを手に入れることにシフトすればBitTorrent(BTT)は大きく存在価値を出すことができます

価値の上昇には期待できるのではないでしょうか?

BitTorrent(BTT)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「BitTorrent(BTT)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「BitTorrent(BTT)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました