【BusyDAO(BUSY)】はWeb3.0のユーティリティを活用してB2C /C2Cモデルに革命をもたらす仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

世界のeコマース市場で最も多くの割合を持つフリーランサー向けの次世代DAOプラットフォームであるBusyDAO(BUSY)の紹介記事です

BusyDAO(BUSY)は最先端のブロックチェーンテクノロジーを利用した、DeFiやNFTソリューションの開発、Web3.0のユーティリティを活用してB2C / C2Cモデルを一新させます

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

BusyDAO(BUSY)の特徴

発行枚数255,000,000 BUSY
公式URLhttps://busy.technology/
国内上場未定
購入できる取引所ICO中
ブロックチェーンの種類パブリックチェーン
コンセンサスアルゴリズムPoS

BusyDAO(BUSY)の特徴とロードマップを紹介します

BusyDAO

BusyDAOは、複数のケースでブロックチェーンテクノロジーを活用する分散型分散ソリューションです

最初のケースでは、フリーランサーのための分散型プラットフォームが構築されます

ウェブ3.0エンジンは、スマートコントラクトを通じて利用を行うユーザー全員にトークンを配布します

ビジーテクノロジー

スマートコントラクトを通じて他のB2C / C2Cプラットフォームに適用できます

BusyDAOは分散型フリーランス・プラットフォームを包括的なウェブ3.0ソリューションと共に提供しています

ユーティリティステーキングは革新的なブロックチェーン機能であり、プラットフォームスペースの占有と生成された報酬を備えたステーキングモデルの実際のユースケースを提供します

ビジーソリューションで提供されているのは以下です

  • ユーティリティステーキング:これによりエコシステムのコストのかからない運用が可能になります
  • オンラインウォレット:ビジープラットフォーム環境で機能します
  • オフラインウォレット:コンピュータプログラムとして機能します

ロードマップ

BusyDAOのロードマップを紹介します

2021年第2四半期
  • パブリックセール
  • プロトタイプ
  • オフラインウォレット
  • トークンスワップ
  • メインネット
2021年第3四半期
  • オンラインウォレット
  • プラットフォームベータ
2021年第4四半期
  • プラットフォームパブリックアルファ
  • モバイルアプリ
  • スマートコントラクト公証人
2022年第1四半期
  • アトミックスワップ
  • スマートコントラクト
2022年第2四半期
  • プラットフォームのクレジットカードオプション
  • 貸し出し/貸し出しスペースオプション

チャートと将来性

現在、ICO中であるためBusyDAO(BUSY)のチャートはありません

BusyDAO(BUSY)の将来性

BusyDAO(BUSY)の購入方法

現在、日本と海外のほどんどの仮想通貨取引所では「BusyDAO(BUSY)」を購入することができません

ローンチ後は、CEX(中央集権型取引所)ではなく、分散型取引所(DEX)を利用して「BusyDAO(BUSY)」を購入しましょう!

DEX(分散型取引所)はスマートコントラクトを利用しているブロックチェーンによって購入すべき仮想通貨が変わってくるため、トークンの種類を調べる必要があります

  • イーサリアム系(ERC-20など)のDEXを利用する場合=ETHを購入
  • Binanca Smart Chain系(BEP-20など)のDEXを利用する場合=BNBを購入

と言った形で、トークンを発行するスマートコントラクトを管理しているブロックチェーンの通貨が必要です

現在は、ほとんどがイーサリアムのトークン規格であるERC-20に準拠しているのでほとんどの場合、イーサリアム(ETH)を購入しておけば問題ないです!

注意すべきなのは、コインチェックやビットフライヤー、バイナンスなどのCEX(中央集権取引所)では資産を銀行のように預かってくれますが、DEX(分散型取引所)ではそうではありません

仮想通貨のウォレット(MEWやメタマスクなど)に資産を保管し、それをDEXと連携させることでアルトコインとの交換ができるようになります

ウォレット内でも仮想通貨の交換を行うことは可能ですが、トレードを行いたい場合はDEXを利用しましょう

DEXへの送金手順

DEX(分散型取引所)で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨(イーサリアム)を購入
  4. イーサリアム(ETH)を「MetaMask」などのウォレットに送金
  5. ETHウォレットとDEXの紐付けを行う
  6. DEXで目当ての仮想通貨に交換(スワップ)

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 2「ビットフライヤー」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
国内仮想通貨の取引高1位、世界9位の取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・クイック・Tポイント★★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

基本的には、銀行振込の方が手数料も安く出金できるまでのスピードも速いのでこちらを利用しましょう!

コンビニ入金やクイック入金は、急ぎで仮想通貨を購入したい場合に利用します

どちらも一長一短なので臨機応変に使い分けることをお勧めします!

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

DEX(分散型取引所)やETHウォレットを利用する場合はイーサリアム(ETH)を購入します

他の仮想通貨を購入してウォレットに保管してもアルトコインに交換できない(種類が少ない)ので、注意してください

ウォレットを作る

イーサリアム(ETH)を保管できるウォレットを作成しましょう!

ウォレットはスマートコントラクトで管理・発行されているため、取引所のような会員登録は基本的にはありません

現時点では、MEW Wallet以外は日本語の表示に対応しています

サイトかアプリからウォレットを作成しましょう!

ウォレットは、企業が管理しているわけではなく個々人で管理するものとなっています

ウォレットの作成と同時に「秘密鍵」と言われるランダムな語群が表示されます

これは、ウォレットに対して1つしか発行されないパスワードとなっており、無くしてしまうと再発行は絶対にできないので保管は厳重に行ってください

ウォレットに送金

ウォレットを作成したら、ウォレットのアドレス宛にイーサリアム(ETH)を送金しましょう

アドレスを一文字でも間違えてしまうと入金は永遠に行われないので注意が必要です

イーサリアム(ETH)をスワップ

イーサリアム(ETH)の入金が行われたら、欲しい仮想通貨(トークン)とスワップ(交換)しましょう!

イーサリアムのブロックチェーンで運用されるトークン「ERC-20」に準拠しているものであれば全て交換することが可能です

新しいトークンなどはデフォルトではスワップが行えない場合があるので、ウォレットに設定を追加するかDEXと連携させる必要があります

DEXは必ず連携しなければならないわけではなく、取引所として利用したい場合に連携を行いましょう

日本円に戻したい場合はトークンをイーサリアム(ETH)に戻して逆の手順を辿ればOKです!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました