【Cartesi(CTSI)】はスマートコントラクトに革命を起こすソリューション!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

Cartesiは、スマートコントラクトを次のレベルに引き上げるためのソリューションとして開発されました

ロールアップ変形を実装することで、ブロックチェーンのスケーラビリティと高額な手数料の問題を解決しています

スポンサーリンク
コインチェック

Cartesi(CTSI)の特徴

発行枚数1,000,000,000 CTSI
公式URLhttps://cartesi.io/
国内上場未定
購入できる取引所Binance など
ブロックチェーンの種類ETH、BSC、polygon
コントラクトアドレス(ERC-20)0x491604c0fdf08347dd1fa4ee062a822a5dd06b5d
コントラクトアドレス(BEP-20)0x8da443f84fea710266c8eb6bc34b71702d033ef2
コントラクトアドレス(polygon)0x2727Ab1c2D22170ABc9b595177B2D5C6E1Ab7B7B
無制限のコーディング

主流のソフトウェアスタックとのスマートコントラクトを構築します

SolidityからLinuxまでの多くのシステムでサポートされているソフトウェアコンポーネントの生産的を飛躍的に向上させることが可能です

大規模なスケーラビリティ

イーサリアムの強力なセキュリティ性能を維持しながら、数百万倍のスケーラビリティ、大きなファイルのデータ可用性を秘めています

同時に、トランザクションコストの大幅な削減を実現します

プライバシー保証

プレーヤーがデータを隠匿したいゲームプラットフォームから機密データで実行されるエンタープライズアプリケーションまで、DAppのプライバシーを保護します

ブロックチェーン用の分散型計算オラクル

スマートコントラクトによって指定されたLinux仮想マシン上で、オフチェーンで大規模な計算タスクを実行する「デカルト」を提供します

計算の結果は、デカルトノードランナーによってチェーン上で強制的に検証可能となり、基盤となるブロックチェーンの強力なセキュリティを維持し、それを保証します

レイヤー2

Cartesiは、スケーラブルな分散型アプリケーションの開発と展開のためのレイヤー2プラットフォームです

Cartesi Dappsは、ブロックチェーンコンポーネントとオフチェーンコンポーネントの両方で構成されています

オフチェーンコンポーネントは、各Dappsユーザーの利益を表すCartesiノード内で実行されます

ノード

Cartesiノードは、Dapps開発者に再現可能なCartesiマシンを提供し大規模な検証を実行できます

これらの検証可能な計算は、保証を提供する強力なプリミティブによってスマートコントラクトに統合されます

より正確には、Cartesi Machines内で実行された計算の結果に関して発生する紛争は、ブロックチェーン上でごくわずかなコストでかなり裁定されます

Cartesiノードを使用すると、Dapps開発者はネイティブコードを実行することもでき、使用可能なGPUを含め、ノードの完全な処理能力を活用できます

ノードによってネイティブに実行される場合や、Cartesi Machines内で実行される場合などにかかわらず、オフチェーンコンポーネントは、エコシステムを提供するLinuxオペレーティングシステムの下で実行されます

Cartesiを使用すると、Dapps開発者は今までに習得したプログラミング言語、ツール、ライブラリ、ソフトウェアなどの互換性を得ることができます

Dappsの複雑なロジックのほとんどをポータブルオフチェーンコンポーネントに移動することで、開発者はブロックチェーンによって課せられる制限や特異性から解放されます

デカルトロールアップ

主流のソフトウェアスタックで構築されたスケーラブルなスマートコントラクトが「デカルトロールアップ」です

Solidityの代わりに、主流のソフトウェアコンポーネントを使用して、LinuxVMで実行されるスマートコントラクトをコーディングすることができます

ブロックチェーンの強力なセキュリティを維持しながら、数百万倍の演算能力でイーサリアムのスケーラビリティ制限に対してのソリューションを提供します

購入方法

Cartesi(CTSI)の取引を行うのは、海外取引所の「Binance」を利用することで可能になります

Binanceをはじめ、海外の取引所を利用する際には日本円の入金ができないため、仮想通貨で入金を行う必要があります

仮想通貨での入金を行う時にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を利用してしまうと、手数料が高額になってしまう傾向にあります

上記と比較して手数料が安価なリップル(XRP)の取り扱いがある「コインチェック」や「bitFlyer」を利用するのがお勧めです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました