【Chronicle(XNL)】はNFTマーケットプレイスにソリューションを提供する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

現在、ICO中の仮想通貨「Chronicle(XNL)」紹介記事です!

世界中のユーザーは、Chronicle(XNL)を利用して世界の主要ブランドから直接ライセンス供与された認証済みのデジタル収集品(NFT)を購入、販売、取引、入札、ギフトできるようになります

現在、Chronicle(XNL)はICOを行なっているため、取引所(CEX、DEX)で購入することはできません

ICO後には、海外の取引所(CEX)のBinanceやDEX(分散型取引所)などで利用できるようになると思われるので先に口座の準備をしておくといいでしょう

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

Chronicle(XNL)の特徴

発行枚数100,000,000 XN
公式URLhttps://www.chronicle.io/
国内上場未定
購入できる取引所ICO中
ブロックチェーンの種類パブリックチェーン、BEP-20、ERC-721
コンセンサスアルゴリズムPoC(?)

Chronicle(XNL)の特徴とロードマップを紹介します

誰でも利用できるNFTマーケットプレイス

現在の、デジタル収集品(NFT)市場は、主に仮想通貨市場に対して、高いリテラシーを持っているユーザーで構成されています

仮想通貨とそれらがホストされているブロックチェーンの運用上、NFTにアクセスできないユーザーが問題としているのは以下に挙げられた項目です

  • 取引所で仮想通貨を購入する
  • さまざまなブロックチェーンの理解が必要
  • 仮想通貨ウォレットの設定方法に関する知識
  • 取引所から仮想通貨ウォレットにトークンをエクスポートする方法に関する知識
  • ブロックチェーンのネットワーク価格が高い(例:イーサリアムのGAS)

NFTは開発者にも利用者にもハードルの高いものとして認識され、多くの新規参入者を阻んでしまっています

数百万ドルもの市場とそれを利用する潜在的なユーザーを持て余している現状に対しChronicle(XNL)
はソリューションを提供します

  • 簡単なメールアドレス登録
  • 簡易的な支払いシステム(Stripeなど)を介したUSDのオンボーディング
  • 世界最高のブランドに裏打ちされた、認証済みのNFTへのアクセス
  • NFTの購入、販売、交換/取引、入札、ギフトのオプション
  • NFTをソーシャルメディアにアップロード
  • ゲーミフィケーション—クロニクルプロファイルを作成
  • 取引への割引に使用できるChronicleのXNLトークン
  • 限定版の収集品への優先アクセス
  • フレンドリーなユーザーエクスペリエンス
  • 収集品を保管するためのウォレット

これらはブロックチェーンのバックエンドで処理されます

ユーザーの個人情報を守るために更なる暗号化をかけることも可能です

このソリューションにおいては新たに勉強をする必要がほとんどありません

NFT as a Service

Chronicleは以下のNFTとして収集可能なカテゴリーを手始めにカバーし、今後、すべての業界をサポートするプラットフォームになることを目指しています

  • 映画とテレビ
  • アニメーション
  • スポーツ
  • 芸術と文化
  • 音楽
  • ゲーム
  • 有名人
  • ファッション
  • その他の公式に認可された記念品

Chronicle NaaSエコシステムには、Chronicleを推進するために使用されるいくつかの革新的なサービスが含まれています

クロニクル認証収集品(トレーダー)

ライセンスされたNFTは、公式で販売できるクロニクルスタジオによって開発されています

ブランドカテゴリに基づいて、生成されたこれらのNFTは、その形式(静止画像、3Dモデル、音楽、ビデオなど)が異なり、すべて所有者の没入型体験に重点を置かれます

NFTはクロニクルストアとNFTトレーダーによって購入されます

クロニクルスタジオ(クリエイター)

クロニクルで働く2Dおよび3D環境およびキャラクターアーティストを開発するチームです

世界をリードする企業から直接ライセンス供与された認証済みの収集品を設計および開発する本社
クロニクルストアで販売されているブランド

スタジオが作成するNFTには、様々なレアリティの設定があり、即座に認識できるクロニクルホログラム(透かし)が正規品であることの証明となっています

ライセンスパートナー

Chronicleと提携しているブランドIPのライセンス所有者は、一定の割合の収益を獲得することができます

個々のライセンスクロニクルが取得するのはブランド、その所有者、歴史、ファンベースのサイズによって異なります

クロニクルアフィリエイトパートナー

Chronicle アフィリエイトパートナーは周りの大手ブランドのすべてのライセンス代理店になります

アフィリエイターはスカウトしたブランドからの収益を共有します

パーセンテージはブランド評価および個々の契約に基づいて計算されます

クロニクルDAO

Chronicleによって構築された将来の分散型プラットフォームで、ユーザーはアーティストプロファイルを作成できます

クロニクル認証を用いてユーザーにさまざまな役割を認定することを可能にする選挙システムがあります

認定ブランドは、ブランドをChronicleにライセンス供与し、NFTの提供を開始できます

このアカウントはクロニクルDAOストア、オークションにアクセスできます

認定アーティストはChronicleDAOStudioに参加できます

特定の投票ルールを設定するクロニクルガバナンスは将来リリースされる予定です

クロニクルファイナンス

XNLを含むさまざまなDeFi製品およびサービスを提供するChronicleの財務部門

ステーキング、スワップ、ファーム、ローン、ボールトなどのサービスが用意されています

クロニクルトラスト

NFTの物理的なアイテムとdeNFTデジタル収集品のための革新的なブリッジングソリューションです

実世界からの物理的な収集品を保管場所にステークし、それによってNFTを発行します

ロードマップ

Chronicle(XNL)のロードマップを紹介します

2021年第1四半期

ホワイトペーパーをリリースし、コミュニティとソーシャルメディアを設定します

2021年第2四半期

クローズシードとプライベートラウンドの資金調達
PoCをリリースし、IEO / IDOを完了します

2021年第3四半期

クロニクルマーケットプレイスを備えたiOSとAndroidの両方のクロニクルアプリを正式にリリース

2021年第4四半期

クロニクルメダルシステム

2022年第1四半期

クロニクルオークション

2022年第2四半期

クロニクルクラウドソース

2022年第3四半期

クロニクルDAO

2022年第4四半期

クロニクルファイナンス(クレジットシステム、交換/スワップ、ローン、紙幣、債券など)

チャートと将来性

現在、ICO中であるためChronicle(XNL)のチャートはありません

Chronicle(XNL)の将来性

昨今、仮想通貨市場において活発になっているDapps、DeFi、NFT分野のプラットフォームとなるChronicle(XNL)には期待が持てそうです

ですが、現時点ではICO中であるため資金調達のペースや達成できるかどうかが投資価値を見極める上で重要になってきそうです

Chronicle(XNL)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Chronicle(XNL)」を購入することができません

ローンチ後は海外の取引所(CEXやDEX)を利用して「Chronicle(XNL)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

基本的には、銀行振込の方が手数料も安く出金できるまでのスピードも速いのでこちらを利用しましょう!

コンビニ入金やクイック入金は、急ぎで仮想通貨を購入したい場合に利用します

どちらも一長一短なので臨機応変に使い分けることをお勧めします!

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました