【Contentos(COS)】は次世代の配信システムを構築する基盤となる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

Contentos(COS)は、クリエイターと視聴者のためにコンテンツインセンティブと次世代の配信サービスを非中央集権化するブロックチェーン技術です

イーサリアムのスマートコントラクトを基盤に開発された仮想通貨(トークン)の「Contentos(COS)」は投資価値があるのかを解説していきます!

Contentos(COS)は現時点では、国内の取引所で購入・売却が行えないため海外の取引所の利用方法も紹介します!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

Contentos(COS)の特徴

Contentos(COS)は、ブロックチェーンを用いた分散型台帳技術により全てのクリエイターの全てのデータを改竄不可能な状態で恒久的に保存し、適切な価値を持たせることを目指して開発されました

Contentos(COS)の特徴は以下の3つです

NFT

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)のことを指し、動画や画像、ツイッターのつぶやきなど、様々なデジタルデータに価値を持たせる技術のことを言います

Contentos(COS)はブロックチェーンで作成されたアプリケーションである「Dapps」を利用し配信サービスなどを展開することで、それをNTFとして保存できます

非中央集権的に管理を行うことで、アップロードしたデータの権利が第三者に依存することなく自身で管理を行うことが可能になります

コンテンツの作成や配信、データの検証などに対してCOSのトークンが利用され配信者やその視聴者などのエコシステムが構築されています

Dapps

Contentos(COS)では、配信サービスのDappsが提供されています

写真加工アプリケーションの「PhotoGrid」、TikTokの様なショートムービーアプリ「Cheez」、全世界で1億人がダウンロードした動画配信アプリ「LiveMe」などがあります

上記のDappsでは写真の加工や動画コンテンツのアップロードまたは視聴によってポイントが貰えそれをContentos(COS)のトークンと交換することができます

アプリケーションを積極的に利用してもらうことで、コンテンツや通貨の流動性が高まりクリエイターが活発になることを目指しています

広告収入

現在、GoogleやFacebookといった大企業が運営するコンテンツ配信プラットフォームが主流となっていますが、クリエイター、視聴者、広告主は正当な金額の取引ができていないとContentosの開発陣は考えています

第三者が中間搾取をしているプラットフォームを利用することで市場の価値はコントロールされてしまいます

これをブロックチェーンで分散管理を行うことで利益配分は「視聴する個人」から「配信する個人(または団体)」に直接行えるようになります

広告主の提供するコンテンツも同様で「広告主」から「視聴を選択した個人」に対して利益を提供することでターゲッティングの精度を高めることができます

チャートと将来性

Contentos(COS)のチャートです

Contentos(COS)の将来性

Contentos(COS)は動画配信などのコンテンツプラットフォームとして将来性が期待できそうな仮想通貨です

最新の通信規格である5Gなどが普及し、今以上にコンテンツの需要は高まっていきます

SAMSUNGやBinance、Chainlinkなどのブロックチェーン開発を牽引している企業もContentos(COS)とパートナーシップを結びエコシステム拡大の基盤は充分と言えます

今後、Contentos(COS)のDappsの利用頻度が高まればトークンも大きく価値を伸ばすと予想されます

Contentos(COS)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Contentos(COS)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Contentos(COS)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました