【CRDT(CRDT)】は様々な資産をシームレスに保存し管理するための仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

CRDTはスマートフォンやPCなどのデバイスから容易にアクセスできるバンキングソリューションを提供します

開発チームは、価値の移転のためのワンストップソリューションで多様な暗号エコシステムを統合することを目標としています

CRDTは、銀行などが発行したフラット、暗号通貨、およびサードパーティの支払いカードをサポートしています

スポンサーリンク
コインチェック

CRDTの特徴

発行枚数300,000,000 CRDT
公式URLhttps://crdt.io/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0xDaab5E695bb0E8Ce8384ee56BA38fA8290618e52

新しい暗号システム

CRDT(CRDTpay)は無料で信頼性が高く、エンドツーエンドのデジタル資産決済テクノロジーソリューションです

VisaまたはMastercardネットワークの運用と同様に、ワンストップで完全な暗号化バンキングソリューションを活用します

法定紙幣と暗号通貨を交換する

CRDTは、フィアットを様々なフィアットまたはデジタル資産に変換できる取引所としても機能します

自身の保有するデジタル資産を別の仮想通貨または法定通貨と交換することもできます

非接触型決済

CRDTは非接触型決済をサポートしています

取引は、スマートフォンなどのモバイルデバイスでCRDTPay支払いカードをタップするだけで完了します

CRDTウォレット

CRDTのアプリを使用すると、iOSまたはAndroidデバイスでcryptoverseを操作できます

これは近日公開予定となっており、クロスプラットフォームの支払いを実行し、ユーザーの資産状況を完全に管理することが可能です

完全なマーチャント管理

CRDTを使用すると、販売者/販売者は提供するすべての商品とサービスを一覧表示できます

購入者は製品を購入し、シームレスかつ非接触でチェックアウトできます

CRDTウォレット

CRDTウォレットはCRDTPayエコシステムの一部であり、さまざまな法定通貨やデジタル資産をシームレスに保存して操作できます

CRDTエコシステムは、マーチャント、セラー、バイヤーとやり取りできる支払いネットワークとして機能してます

AppleWalletおよびGoogleWalletによってネイティブにサポートおよび受け入れられているサードパーティのカードを含めた支払い方法は購入者のデバイスに保存して、CRDTPayと統合することも可能です

これにより、購入者はデバイスに保存されている支払い方法を利用し、CRDTPayがインストールされているデバイスで販売者/販売者に非接触で支払うことができます

CRDTオペレーターは、買い手/顧客と売り手/商人の間の取引を処理および決済するための料金を決定します

CRDTは、現金の補充ソリューションとしても機能します

売り手/マーチャントが買い手/顧客から現金を受け取った場合、彼らはリアルタイムで買い手/顧客のCRDTウォレットにクレジット情報の反映をされることができます

購入方法

CRDTを購入するには、イーサリアム(ETH)とそれを扱える取引所アカウント、ウォレットが必要となります

通常の国内取引所では取引が行えない為、DEX(分散型取引所)にアクセスして取引を行います

イーサリアム(ETH)の送金の際には、手数料がかからない「GMO コイン」や「DMM bitcoin」などを利用して節約しましょう!

ウォレットの利用方法がわからない方は以下のリンクにある記事を参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました