【CROPFinance(CROP)】はファーミングを自動化して利益を得られる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

CROP Financeとは、分散化されたコミュニティが所有し自動化された、クロスチェーンの流動性管理、リスク削減、ファーミングプラットフォームとして開発されました

現在、「ZEEDO」においてIDOが開始される前となっておりますので、判明している情報を記載しています

スポンサーリンク
コインチェック

CROPFinance(CROP)の特徴

発行枚数2,500,000 CROP (IDOにおける販売数)
公式URLhttps://cropfinance.io/
国内上場未定
購入できる取引所調査中(IDOは「ZEEDO」)
ブロックチェーンの種類調査中
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス()調査中

ファーミング

CROP Financeでは、3つの要素を用いてファーミングにおける既存の問題点を解決し、利用者に利益を還元できるプラットフォームを展開しています

オートファーミング

ファーミングは大きな利益をもたらすことができますが、これまでは手間と時間がかかり専門的なスキルと経験が必要でした

現在、CROP Financeはこのプロセスを自動化するため、ファームによって得られる金銭的見返りの恩恵を全てのユーザーが受けることを可能にします

CROPはDeFi利回りアグリゲーターとして機能し、ユーザーがLP(流動性トークン)を預けるための単一の場所を提供しています

これと同時に。多くのユーザーにガスコストを分配する事で、各個人のコスト削減を実現します

これにより、オンボーディングが容易かつシンプルになります

リスクヘッジ

他の投資と同様に、ファーミングにもリスクがあります

CROP Financeは、評価式のフレームワークを使用して各戦略にリスクスコアを割り当てることにより、これらのリスクを軽減します

また、リスクマネージャーにスマートコントラクトを用いることによって、財務、集中化のリスクを計算し、ユーザーに告知する事ができます

上記の2つは最終的には分散化されたコミュニティによって管理されます

CROP Financeの自動流動性マネージャー(スマートコントラクト)は、ユーザーの流動性をファーミング戦略のポートフォリオ全体に分配し、リスク調整後の利回りを最適化します

分散型コミュニティ

中央集権型とは異なり、ユーザーがコミュニティが所有し統治を行うことを叶えるために、CROP Financeはユーザーに意思決定を委ねています

ユーザーはCROPガバナンストークンでインセンティブを与えられ、最新のDeFi開発で戦略モデルを最新の状態に保つのに役立ちます

ユーザーは、任意のシステムパラメータを提案して投票することもできます

ロードマップ

CROP Financeの開発ロードマップを紹介します

2021年第1四半期
  • ウェブサイトの立ち上げ
  • マーケティングキャンペーンのフェーズ1
  • CROPトークンコードの監査
  • クロップトークンのコードを解放
  • シード資金/プライベートセール
2021年第2四半期
  • 流動性マイニングスマートコントラクトの監査
  • 公開販売
  • 流動性マイニングプログラムのソースコードをリリース
  • 流動性マイニングプログラムが稼働
  • IDOプラットフォームでマーケティングキャンペーンを開始
  • 流動性プールプログラムが稼働
  • ファーミングプラットフォームコードの監査
  • ファーミングプラットフォームのソースコードをリリースする
  • オートファーミングプラットフォームのアルファローンチ
2021年第3四半期
  • ファーミングプラットフォームを立ち上げる
  • コミュニティの完全な分散管理

チャート

CROPFinance(CROP)は、取引が開始されていないため、チャート情報がありません

IDOにおける販売価格は「$0.04」となっています

購入方法

「CROP Finance(CROP)」を購入するためには。IDOプラットフォームである「ZEEDO」を利用する必要があります

ZEEDOでは「ZeroSwap(ZEE)」というイーサリアムブロックチェーン上のトークン(ERC-20)が利用され、これをステーキングする事でIDOに参加できます

公式サイトへのリンクは以下です

ZeeDO | Projects

また、ERC-20トークンやIDOへの参加を行うためには、トークンに対応したウォレットが必要となります

ウォレットをまだ持っていない方や、トークンの追加方法がわからない方は以下の記事を参照してください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました