【Drep(DREP)】はオープンデータエコシステムを構築している仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

DREPは、ブロックチェーン技術をベースにした「コネクター」と「ツールキット」の構築に取り組んでおり、使いやすさ、柔軟性、スリッページのない様々な機能を兼ね備えたソリューションを提供しています

  • 「DREP Chain」
  • 「DREP ID」
  • 「DREP Reputation Protocol」
  • 「DREP SDK」
  • 「DREP Client」

を始めとした技術をベースに、チェーン上のオープンデータエコシステムを構築し、複数のチェーンでユーザーやデータが分離されている現状の問題に対してのソリューションを提供します

スポンサーリンク
コインチェック

Drep(DREP)の特徴

発行枚数100,000,000 DREP
公式URLhttps://www.drep.org/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0x3ab6ed69ef663bd986ee59205ccad8a20f98b4c2

DREP Chain

DREP Chainとは、DREPチームが開発した高性能なパブリックチェーンです

ルートチェーンとサブチェーンの2層構造になっており、EVMやWASM形式のスマートコントラクトに対応しています

  • EVM(Ethereum Virtual Machine):イーサリアム仮想マシン
  • WASM(WebAssembly):ウェブアプリのコードを実行する仮想マシン

DREP ID

DREPはHMACアルゴリズムに基づき、分散型のIDシステムを設計し、1つのマスターアカウントと様々なサブアカウントを利用可能にしたデュアルレイヤーシステムを形成しました

DREP IDは、DREP Clientを通じてあらゆる種類の仮想通貨を統合し、ユーザーはワンストップでアカウント管理、アクセスを行うことができます

一方、DREPはユーザーが個人情報を処理する際にデータのプライバシーを保護するため、同型暗号を採用しています

DREP SDK

DREP SDKは、DREPチームによって開発されたソフトウェア開発ツールキットで、さまざまな仮想環境分野に対応しています

DREP SDKを使用することで、DAPの研究開発チームは複数のパブリックチェーンのアセットバージョン、内蔵ウォレット、アセット取引プラットフォームをワンクリックで提供することを可能にします

また、DREP IDを利用することで、より多くのパブリックチェーンユーザーを獲得することができ、様々なデジタルアセットホルダーをアプリケーションユーザーに変えることができます

DREP Client

クロスチェーントークンスワップ、マルチコインペイメントSDK、ゲーミフィケーションツール、ステーキング/デポジットなどの金融ツールをサポートするコネクターとして、マルチチェーンウォレットを内蔵したシステムがDREP Clientです

ソリューション

DREPの評判やプロフィール画像を通じて、マーチャントはユーザーの関心事や、製品にマッチするユーザーグループを高い確度で知ることができ、的確なマーケティングを実現します

さらに、デジタル化された消費者のデータを分析することで、ユーザーに割引を適用し、消費を促すことができます

長期的な利用を見据え、ユーザーとの親密度をさらに高めることができます

DREP MINING

DREP MININGは、DREP SDKをベースにしたパルクールゲームで、DREP TOKENを利用するエコシステムを構築します

クライアント機能のインターフェースを充実させ、ブロックチェーンゲームアプリケーションの価値を世の中に普及させます

DREPは、分散型レピュテーションメカニズムを利用して、HarkHark上のユーザーレピュテーションを定量化し、マネタイズを行なっています

ユーザーは、高品質なレビューを書いたり、バグやアドバイスをマーチャントに提出したりすることで、インセンティブとしてトークンを得ることが可能です

購入方法

Drep(DREP)の購入には、イーサリアム(ETH)とそのトークンに対応したウォレットが必要となります

イーサリアム(ETH)の取引を行うには、国内の仮想通貨取引所アカウントが必要となります

取引時、イーサリアム(ETH)はPoWのコンセンサスアルゴリズムを採用していることもあるため、取引時に高額の手数料が発生してしまうこともあります

送金時に手数料のかからない「GMOコイン」や「DMM bitcoin」を利用するのがおすすめです!

また、イーサリアムブロックチェーンで発行されたトークンを利用するには「Metamask」や「Trust Wallet」などが必要となります

この利用方法は以下の記事で解説していますので参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました