【Efinity(EFI)】は世界のクロスチェーンのNFTブロックチェーンを構築する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴を解説!

EfinityはEnjinプラットフォームによって開発されています。Enjinは2017年にNFT業界を世の中に広めた起爆剤として有名です

イーサリアムトークンの中でも画期的なNFTトークンの標準規格である「ERC-1155」の作者であり、最初のNFT作成プラットフォームでもあります

Efinityは、世界のクロスチェーンのNFTブロックチェーンとして開発されました

デフレ脱却を目指すEFIトークンを搭載したこのネットワークは、環境に優しく、スケーラブルで、ゲーム、アプリ、企業、クリエイターが自分の作ったファンギブルでないトークンを主流のオーディエンスに届けるために構築されています

スポンサーリンク
コインチェック

Efinity(EFI)の特徴

発行枚数2,000,000,000 EFI
公式URLhttps://nft.io/jp
IDOhttps://sales.coinlist.co/efinity
ブロックチェーンの種類ETH
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(ETH)0x656C00e1BcD96f256F224AD9112FF426Ef053733

機能

Efinityは、Parity TechnologiesとWeb3 Foundationとの提携によりPolkadot上に構築されたNFTのために作られた新しいブロックチェーンとなっています

Efinityは、NFTがスマートフォンのように広く普及し誰でも簡単に使えるようになるという、未来を実現するために設計されたトークンハイウェイです

Efinityは、

  • 取引手数料の軽減
  • スマートコントラクト
  • 燃料タンク
  • クラフト
  • 個別アカウント
  • インスタント・スワップ
  • ネイティブ・マルチシグ
  • プライスディスカバリー
  • クロスチェーン・マーケットプレイス
  • NFTローンチパッド

などを始めとした多くの機能を備えています

Ethereumネットワークは現在約15TPSで稼働しており、スケーラリビティの問題が大きくなっていますが、これに対し、Efinityの取引は6秒で確認され、1000TPSにまでスケールアップする予定です

Efinityプラットフォームではほぼすべての業界でNFTの利用を可能にし、現在は流動性のないユニークな実物資産やデジタル資産を数兆ドル規模にすることを目指しています

Efinityは、相互運用性、スケーラビリティ、スピード、セキュリティ、プライバシー、開発可能性、ガバナンスなど、ブロックチェーンが直面している最大の問題を解決している次世代の完全分散型ネットワークであるPolkadotのパラチェーンとして開発されています

Efinityトークン(EFI)は、プラットフォーム上ののデフレ・トークンであり、取引手数料、流動性、報酬のために設計されています

また、ガバナンストークンであるEFIの保有者は、ネットワークの将来を決定するための提案を提出、投票することができます

ネットワーク手数料、マーケットプレイス手数料、クロスチェーンブリッジング通行料、スマートコントラクト手数料は、Enjin Coin (ENJ)をステークし、取引やNFTマイニングに参加することで得られる利回りに充てられます

ENJはソリューションの重要な部分であり、どのユーザーもEfinityブロックチェーンを実行する最も効率的なコレーターノードを指名することができます。

さらに、EFIは次世代のマルチチェーンNFTのローンチパッドおよびマーケットプレイスであるNFT.ioの中核的なユーティリティーとなります

獲得したEFIは、専用のNFTをファームしたり、NFT.ioのネットワークに参加するために必要となります

NFT.io

ブロックチェーン経済を構築する、強力なNFTマーケットプレイスして開発された「NFT.io」

これは「Enjinプラットフォーム」と「Efinityプラットフォーム」を基盤として構築されています

2021年にローンチ予定のプラットフォームでは「NFTs: 2.0」構想を掲げています

NFTs: 2.0はスマートでスケーラブルかつ応用が利き、先進的なクリエーターやトレーダー向けに作られた、次世代のマーケットプレイスとなっています

チャート

現在、Efinity(EFI)のチャート情報はありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました