【Etherlite(ETL)】はイーサリアム(ETH)に先行してPoSを採用している仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

EtherLiteは、イーサリアムネットワークの効率を高めるために構築されたブロックチェーンプラットフォームです

プルーフオブステークメカニズムを活用して、取引を行うための非常に高速で安全な低料金の環境を提供します

スポンサーリンク
コインチェック

Etherlite(ETL)の特徴

発行枚数21,000,000,000 ETL
公式URLhttps://etherlite.org/home
国内上場未定
購入できる取引所不明
ブロックチェーンの種類パブリック
コンセンサスアルゴリズムPoS
コントラクトアドレス(ERC-20)調査中

迅速なトランザクション

EtherLiteでは、トランザクションは即座に処理されます

イーサリアムのように確認を数十分待つ必要はありません

約5秒で行われる高速なブロック生成と10,000以上のTPSを誇ります

モジュール式

EtherLiteのモジュラー内部アーキテクチャは非常に高い柔軟性があります

簡単にカスタマイズでき、エラーが発生しにくくなっています

セキュリティ

EtherLiteは、認証者自身がステークホルダーとなる、信頼性の高いPoS(Proof-of-Stake)ネットワーク上で動作します

イーサリアムとの互換

EtherLiteはEVM(イーサリアム仮想マシン)と完全に互換性があります

既存のEthereumスマートコントラクトとツールをEtherLiteで使用できます

ディベロッパー

EtherLiteはEVM(イーサリアム仮装マシン)と完全に互換性があるため開発者は既存のEthereumベースのDappsを数分で移植でき、パフォーマンスの大幅な向上や、コスト削減を実行できます

EtherLiteはイーサリアムと同様に機能するため、スマートコントラクトは同様に動作します

イーサリアムに精通している開発者は、追加のスキルを必要とせずにEtherLiteを使用できます

Solidityと、使い慣れたツール(Remix、Truffle、Metamaskなど)を使用して、EtherLiteでの構築を開始します

(Solidityはスマートコントラクトを構築するために使用されるプログラミング言語)

相互運用性

EthereumとEtherLiteの間でトークン、ステート、ロジック、ワークロードなどの移動を可能にする双方向のブリッジ機能を備えています

ハイスループット

EtherLiteのプラットフォームは以下の機能により、イーサリアムと比較した時に費用対効果が非常に高くなります

  • 高スループット
  • 高速ファイナリティ
  • 低料金

オープンソース

EtherLiteコードはオープンソースであるため誰でもそのコードを読んだり、進行状況を確認できます

また、フィードバックを提供したりネットワークをさらに構築するのに役立てたりすることができます

ETLステーキング

ETLをステーキングすることで、EtherLiteのネットワークを安全に維持し報酬を獲得できます

ステーキング報酬は、選択した希望に応じて支払われます

報酬を獲得

最大1年間のロックアップ期間を選択し、その期間に応じて4%のAPYから最大13%のAPYを獲得できます

賭けるのに特定のハードウェアは必要ありません

Run a node

バリデーターノードは、ネットワークを安全に維持しエコシステムを実行するのに必要不可欠です

最小ステーク量が100,000ETLに達していればフルノードとなることができます

PoWとPoS

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とはビットコインに用いられていたPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を改善し、分散・省電力かさせることを目的に開発されました

世界第2位の仮想通貨であるイーサリアム(ETH)にもPoWのコンセンサスアルゴリズムが採用されています

従来のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)ではセキュリティとその高度な処理性能を維持するために膨大な電力が必要とされ、この仕組みを用いている仮想通貨の取引手数料は高価となっていました

また、設備投資を可能にしているのは大企業などの資本が多いところに集中し個人での分散が難しくなっていたのも現実です

仕組み

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)は、処理性能に依存するのでははなく「株式」の様な仕組みとなっています

ステークとは仮想通貨の保有量と保有期間の事を指し、持っている通貨の量に応じて発言権が与えられ、また、それに対しての報酬も発生します

  • P2P 1IPアドレス毎の発言権
  • PoW マイニングでの貢献度を発言権の大きさとする
  • PoS 保有している通貨の量と期間にに対しての発言権

ブロックチェーンの核とも言える「分散型」をより顕著にするため開発されたこのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のコンセンサスアルゴリズムを用いた仮想通貨はアルトコインに多く見られます

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)では手数料が安く電気代などのコストもほとんど関係ありません

イーサリアム(ETH)は、元々のコンセンサスアルゴリズムをPoW(プルーフ・オブ・ワーク)としていましたが、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)に切り替えることを表明しています

チャート

Etherlite(ETL)の開発ロードマップを紹介します

2021年1月1日
  • イーサリアムフォーク
  • POS(プルーフオブステーク)の実装
  • TestNetでの起動
2021年2月1日
  • 堅牢性言語とコンパイラ(EVM)のサポート
  • EthereumとEtherLiteコントラクト間のブリッジ
  • EthereumチェーンからEtherLiteにスマートコントラクトをインポート
2021年4月1日-2021年4月30日
  • プライベートICO
2021年5月1日-2021年6月30日
  • EtherLiteウォレット
  • パブリックメインネットのセール
  • Metamaskなどのイーサリアム互換ウォレットとの互換性
  • ETLAirDrop (2021年5月1日から5月15日)
  • ETL価格が3〜4セントから始まるICO(2021年5月15日から6月30日) )
2021年7月1日
  • 公開取引の開始
  • PreICOxETLなどのコミュニティトークンからETLにスワップ
2021年12月31日
  • ホスティングスペース用のクラウドマイニング
  • クラウドストレージ
  • クラウドストレージプロバイダー(CPU、メモリ、プロセッサなど)
  • WordPressおよびMagentoをホストするためのクラウドストレージ
2022年7月21日
  • 分散型ビデオプラットフォーム
  • 分散型ソーシャルプラットフォーム•
  • Go、Nodejs、Python、Javaの言語でスマートコントラクトをサポート

購入方法

Etherlite(ETL)の購入方法は現時点では不明となっています

国内や海外の中央集権取引所(CEX)への上場はアナウンスされていないため、しばらくは分散型取引所(DEX)での取引が主流となりそうです

イーサリアム系のブロックチェーンをサポートし、Metamaskなどのウォレットに対応することがロードマップにあることから「Uniswap」などにリストされることが予想されます

ICOは終了してしまいましたが、早期に入手したい方はウォレットのセットアップを行っておくことをお勧めします

イーサリアム(ETH)系の仮想通貨をウォレットに送る際に手数料がかからない「DMM bitcoin」や「GMO コイン」がおすすめです!

ウォレットの利用方法がわからない方は以下の記事を参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました