【FEGToken(FEG)】はDeFiの再発明を目的に開発された仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

EGトークンは、DeFi(分散型金融)の構造の再設計を目的として開発されたプラットフォームです

FEG Tokenは、DeFiが完全に機能する方法を再構築および進化させると同時に、DeFiの進化と進歩のために設計された最も堅牢なエコシステムを提供することに重点を置いています

そのプラットフォームとそのエコシステムで利用されるトークンの特徴を解説していきます

スポンサーリンク
コインチェック

FEGToken(FEG)の特徴

発行枚数42,903,550,124,054,200 FEG
公式URLhttps://fegtoken.com/
国内上場未定
購入できる取引所DEX(Uni,Pancake)
ブロックチェーンの種類ETH ,BSC 
コントラクトアドレス(ERC-20)0x389999216860ab8e0175387a0c90e5c52522c945
コントラクトアドレス(BEP-20)0xacfc95585d80ab62f67a14c566c1b7a49fe91167

FEGトークン

FEGトークンは、成功するために構築されたデーフレーションの特性持つDeFiトークンです

FEGトークンはイーサリアムブロックチェーン(ERC-20)とBinanceスマートチェーン(BEP-20)で動作する分散型トランザクションネットワークも提供しています

FEGトークンは、イーサリアムブロックチェーンとアクセスできないバーンウォレットを含むBinanceスマートチェーンの両方で最大循環供給が100Q(4億)となっています

各所有者の所有割合に応じて、2%のトランザクションフィーがすべての所有者に分配されます

これには、トランザクションが発生するにつれて時間の経過とともにより多くのトークンを収集するバーンウォレットが含まれます

循環供給が減少すると、トークンが不足し、需要の割合が高くなっていき価格を上昇させます

この反比例関係は、需要と供給のモデルを構成します

FEGex

ペアは、トークン所有者がfBNB / fETHまたはベーストークンであるfWRAPを直接賭けて獲得できるステーキングプールを選択できます

または、それをバイパスしてマーケティング、チャリティー、またはプロジェクトのチームウォレットに直接売り上げの0.2%を請求することも可能です

SmartSwap

SmartSwapテクノロジーにより、ユーザーは標準スワップまたは「スマート」スワップを行うことができます

SmartSwapとはスウィングトレーダー向けに設計されており、最大50%以上少ないガスを提供し、スワップ契約内でスリッページのないトークンを提供し、取引手数料を節約します

内部流動性ロック機能は、プロセスを大幅に合理化するために構築されています

流動性

ペアはfWRAPテクノロジーに基づいており、各流動性プール内で直接使用するたびにトランザクション報酬を獲得します

これにより、同じベースfWRAPを共有するすべてのリストされたトークンに永続的な上昇傾向の価格圧力が発生します

たとえば、1つのペアの1日あたりのボリュームが1億ドルで、トークンが共有状態にある場合、それらのすべてのトランザクションはプールの流動性にも報酬を与え、トークンの価格を引き上げます

このビジネスモデルは、これまで提供されたことのない新しいデフレーションの取り組みです

ユーザーが片側流動性(追加/削除機能)を利用する機能を備えたスマート流動性は、自動流動性の追加とリバランスを直接的に実施可能なプロセスとして提供されます

調整可能な販売制限を利用する機能は、不安定な市場を安定させるのに役立ちます

自動スリップテクノロジーにより、ユーザーは他のスワップで受け取るすべてのエラーを分析する必要がなくなります

フロントランニングボット保護は開発者チームの優先事項となっており、すべてのコミュニティメンバーと投資家の資産の為のセキュリティとして機能しています

この機能は、流動性プールの保護に関して優れた効果を発揮します

FEGfaucet

FEGパーペチュアルフォーセットテクノロジー(FEGfaucet)を利用する機能により、ユーザーは無料のトークンを要求することができます

FEGtrackは、FEGexにリストされたトークンがアプリケーションにリストできるようにするため、すべてのユーザーがトークンの報酬と統計を簡単に追跡可能となっています

FEGchartは、FEGexのチャートのハイエンドバージョンとして提供されます

ユーザーは、FEGexにリストされているすべてのトークンを追跡およびグラフ化できるようになります

エコシステム

FEGToken(FEG)のエコシステムは以下の4つの要素から構成されています

分散型

FEGトークンは完全に分散化されています

トークンを主導的に管理しているユーザーは1人も存在していません

すべての決定は、コミュニティに有利に行われます

燃焼速度

各トランザクションは1%の燃焼率をトリガーし、これによりFEGの循環供給が時間とともに減少します

報酬

FEGトークンは、トランザクションごとに1%の税金を所有者に報酬として与えます

開発

FEG Tokenのビジョンは、トークンの持続可能性を保証する革新的な製品をリリースすることにより、仮想通貨とDeFiの分野にさらに前進することです

ロードマップ

FEGToken(FEG)の開発ロードマップを紹介します

完了リスト

  • デザインと作成
  • ユニスワップリスト
  • TRY.financeパートナーシップ
  • ドギラパートナーシップ
  • マーケティングチームがキャンペーンを開始
  • さらなる生態系開発
  • FEGtrackリスト(Google Play)
  • FEGexベータ版
  • FEGtrackリスト(App Store)
  • PASAパートナーシップ
  • NFTセール
  • FEGtrackはWebアプリケーションとして起動
  • FEGshopの立ち上げ
  • ゴールドファームパートナーシップ
  • GoldFarmのFEGトークンプール
  • SolidityFinanceによる監査の成功
  • FOMOパートナーシップ
  • FEGstakeがローンチ
  • Smartswapのアイデア
  • FEGexパートナーリスト
  • FEGexチャート
  • FEGfaucetの発売
  • Hotbit CEXリスト
  • FEGlottery
  • FEGexSmartswapテスト
  • パーペチュアルPASAファンド
  • FEGwrapの発売
  • パーペチュアルマーケティングファンド
  • FEGexSmartSwapがリリース

進行中

  • FEGex自動追加ペア機能
  • FEGexダイレクトスワップ機能
  • FEGexのSmartDeFi対応
  • FEGexfWrapの実装
  • FEGshop v2
  • FEGstats
  • FEGcharts

実装予定

  • FEGexトレーディングペアリスト
  • 最初のSmartDeFiトークンの起動
  • FEGtrack v2
  • FEGstake v2
  • FEGex CEXDEX(ブリッジ)
  • FEGblogとFEGeduを実装するFEGcentral
  • FEGex UI redesign
  • FEGexとFEGトークンエコシステムの継続的な改善

購入方法

FEGToken(FEG)はBSCとETHネットワークの2つのトークンとして提供されているため、「Uniswap」と「Pancakeswap」のどちらを利用しても取引が可能となっています

DEX(分散型取引所)を利用しないと国内の取引所で売買は行えないので注意してください

ETHの場合

取引における手数料はこちらの方が高額になる傾向があります

手順は簡単になっているのでウォレットとDEXの利用にあまり慣れていない方はこちらの方がおすすめです

用意するのは、

  • 国内の取引所アカウント
  • イーサリアム(ETH)
  • ウォレット

となります

国内取引所の中でも、イーサリアム(ETH)の取引ができ、送金手数料のかからない「GMOコイン」や「DMM bitcoin」がおすすめです

ウォレットとDEXの利用方法がわからない方は以下の記事を参考にしてください!

BSCの場合

BSC(バイナンススマートチェーン)を利用する場合は、イーサリアム(ETH)を利用するよりも手数料を圧倒的に安く抑えることができます

BSCを利用するのに必要となってくるのは

  • 国内の取引所アカウント
  • Binanceアカウント
  • バイナンスコイン(BNB)
  • ウォレット

となります

BSCとは、世界最大級の仮想通貨取引所である「Binance/バイナンス」が開発したプラットフォームとなっており、その手数料の支払いにはバイナンスコイン(BNB)が必要となります

Binanceは海外の取引所なのでKYC(本人確認)も厳しくないため、3分程度で登録ができます!

また、当サイトからの登録で取引手数料の一部が永年還元されます!

BSCを安く使う

BSCをより安く利用するには、国内の取引所を上手く活用する必要があります

Bitcoin(BTC)やイーサリアム(ETH)よりも取引手数料の安いリップル(XRP)を扱うことのできる取引所を使うことで10分の1以下に節約可能です!

国内でリップルを扱え、信頼のできる取引所は「コインチェック」や「bitFlyer」などです

また、BSCも同様にウォレットの操作が必要となりますので、わからない方は以下の記事を参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました