【Filecoin(FIL)】はWeb3.0のインフラ構築の中核となる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

Filecoin (FIL)とは、IPFS(Interplanetary File System)を基盤とするWeb3.0の中核となるプロジェクトであり、またそのネイティブトークンのことです

インターネット上での情報をやりとりする仕組みとして「HTTP」が長く利用されてきましたが、これを「P2P」によって分散化し問題解決をするブロックチェーンです

現在、Filecoin (FIL)は国内の仮想通貨取引所を利用して購入・売却を行うことはできないので、海外の取引所を利用しましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

Filecoin (FIL)の特徴

Filecoinは、Skypeやウィンクルボスキャピタル(Gemini創業者)、CoinbaseなどがICOで出資したことが大きな話題になりました

ICOでは、一瞬にして282億円の資金調達を行ったFilecoinの特徴は以下の3つです

IPFS(Interplanetary File System)

現在、インターネットを利用した通信の企画として利用されているHTTP(Hyper Text Transfer Protocol)を補完する仕組みとして提唱されているのがP2P通信を用いたIPFS(InterPlanetary File System)です

HTTP(Hyper Text Transfer Protocol)とは、ロケーション指向型プロトコルでURLを指定してデータやファイルにアクセスする仕組みです

目当てのデータやファイルは、企業が集権的に管理しているものがほとんどで、企業のサーバー内の〇〇のフォルダに入っている〇〇データといった形で指名を行いアクセスを行います

このロケーション指向型プロトコルのデメリットとして、

  • サーバーがダウンしているとデータにアクセスできない
  • 24時間365日安定的に稼働させるための保守が必要
  • インフラの整備に多額の資金を要する
  • 不正アクセスに対してのセキュリティーコスト

といったものが挙げられます

この現状に対してデータを分散化させ、端末間での送受信を可能としているのがP2Pを用いたIPFS(Interplanetary File System)です

何か目当てのデータを必要とした際に、多くのユーザーはその出所を気に掛ける必要はありません

例えば、ある音楽を聞きたい時にそれが「Aのサイト」からダウンロードしたものか「Bという友人」から送られてきたデータであるかは、内容に影響しません

IPFS(Interplanetary File System)はコンテンツ指向型プロトコルと呼ばれ、「どこにあるデータか」ではなく、「どのような内容のデータか」に重点をおいています

世界中にあるコンピュータやスマホをサーバーに見立て、データの所有者を分散させることにより、サーバーのダウンやインフラ整備が不要となります

また、データのハッシュ値を鍵とすることで改竄を不可能にし、データの整合性を保っています

しかし、従来のこのIPFS(Interplanetary File System)では、ストレージを貸し出す・データを転送するメリットがありませんでした

FilecoinはIPFSをブロックチェーンで管理することで、データの分散化とセキュリティ性を保持した上でマイニングによっての報酬をもたらす事が出来ます

オススメ取引所 「 BitPoint」
日本で初めてトロン(TRX)を上場させた取引所!
取引手数料や出庫手数料が無料!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数7種類★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行/即時入金★★★★★

マイニング

Filecoinを運用するマイナーには3種類の役割があります

  • ストレージ・マイナー
  • 検索マイナー
  • 修復マイナー
ストレージ・マイナー

ストレージマイニングを行っているユーザーのことを指します

データを保管しておきたいユーザー対して、コンピュータやスマホなどの空きストレージを貸し出して報酬を得ているユーザーです

ストレージの貸し出しを行う際に、FILを担保とすることで信頼を得ています

検索マイナー

ネットワーク上に分散管理されているデータを集約する役割を持つユーザーです

IPFSにおいて、1つのデータが1つのデバイスにあることは重要ではありません

複数のデバイスに1つのデータを分散管理することで安全性や速度を保っています

イメージとして近いのはIPFSはシュレッダーのような役割でデータを分散保管します

検索マイナーは裁断されたデータを集めて一つのデータに戻します

修復マイナー

この修復マイナーはまだメインネットに参入していません

ストレージ・マイナーに障害が発生した場合に、ファイルを複製してネットワークで使用できるようにする役割を持ちます

ストレージ・マイナーはデータの保存を確実にこなす役割があり、その責任を果たせない場合はペナルティが発生します

自分でデータ欠損を発見し修復作業を行った場合は1日のマイニング量の2.14倍がペナルティとして発生

メインネット側で発見された場合は5倍のFILがペナルティとして発生してしまいます

Dappsの容量不足

Filecoinは、スマートコントラクトを基盤に構築されているDappsの普及において重要な役割を持ちます

現状、ブロックチェーンを用いて様々なプロジェクトが発起されていますが、個人では多くのトラフィックに耐えられるサーバーを確保することが困難となっています

ブロックチェーンの容量を確保するために、資本のある大企業に対して法定通貨を支払いサーバーを確保するという本末転倒な状況です

Filecoinを用いることで、中央集権化されているネットワークを分散し、個人単位で管理する事ができ、その支払いも仮想通貨で行えるようになります

チャートと将来性

Filecoin (FIL)のチャートです

Filecoin (FIL)の将来性

Filecoinは、GoogleやNASA、Wikipediaなどデータセンターが重要な役割を持つ大企業と提携を行なっています

データセンターの分散化を進めるにはFilecoinの普及が必須となるような仕組みとなっています

今後、多くのDappsが普及・開発される際にはFilecoinも価値の上昇が見込めると思われます!

Filecoin (FIL)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Filecoin (FIL)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Filecoin (FIL)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました