【FolderProtocol(FOL)】はスマートコントラクトの実装に有用なプロトコル!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

フォルダプロトコル(FOL)は、分散型ストレージネットワークの第2層のソリューションとして機能させることを目的に開発されました

IPFSの上のインセンティブ層としてあらゆるデータに対してストレージインフラを提供することができます

フォルダプロトコルは、データの分散化、分散型アプリケーションの構築と実行、大量のデータを扱うスマートコントラクトの実装に有用なプロトコルとなっています

また、ユーザーにとっても以下のようなメリットがあります

コンテンツの迅速な検索や幅広い配信が可能
Folderプロトコルのエコシステムに参加
ノードの運用
マイニング
ストレージサービスの提供

などを行うことができます

スポンサーリンク
コインチェック

FolderProtocol(FOL)の特徴

発行枚数200,000,000 FOL
公式URLhttps://www.folderlabs.io/
国内上場未定
購入できる取引所Bittrex
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0xA8580F3363684d76055bdC6660CaeFe8709744e1

分散型ストレージ

Folder Protocol(FOL)は、クライアントとマイナーがP2P方式でストレージ契約を結ぶためのセキュアなネットワークとトークンを提供します

このプロトコルにより、買い手と売り手がストレージスペースを直接取引できるようになります

この直接取引でクライアントとマイナーは、価格や機能について自由に交渉することができます

P2P

このネットワークは、Crustを介して接続された各ネットワークごとにP2P分散ファイルネットワークを構築します

Folderプロトコルは保存されたファイルをFolderネットワークに再分配し、仮想的なスーパーコンピューティングストレージを提供することで、各ファイルの検索速度を向上させます

データセットの分散

データセットはペタバイトレベルで分散管理されています

ユーザーがより広くコンテンツを利用できるように、非常に高速で保存や検索を可能にします

大規模なコンピューティング

仮想スーパーコンピューティングにより、各ファイルの検索速度を向上させ、組織内および組織間で安全かつ高速なデータ配信を実現できます

メディアストリーミング

大陸をまたいで蓄積されたコンテンツを高速に検索し、高精細かつ大容量のリアルタイムメディアストリーミングをスムーズに行うことができます

大規模データセット

分散型台帳システムにより、ファイルサイズを含むすべてのファイルのメタデータを保持し、本格的な大規模データをリンクすることができます

購入方法

FolderProtocol(FOL)は海外の仮想通貨取引所である「Bittrex」で売買することができます

国内の取引所以外では、日本円を入金して仮想通貨を購入することはできないので、下記の手順を踏む必要があります

  1. 国内取引所のアカウント登録
  2. 国内取引所への入金(日本円)
  3. 仮想通貨を購入
  4. 海外取引所へ仮想通貨を送金
  5. 送金した仮想通貨を交換

といった流れになります

国内取引所から仮想通貨を送金する際にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)で行なってしまうと数千円の手数料が発生するケースもありますので注意しましょう

国内からの送金には手数料が格安のリップル(XRP)を扱うことのできる「コインチェック」や「bitflyer」がお勧めです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました