【Govi(GOVI)】は市場恐怖指数と市場のボラティリティから利益を得る仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

COTIのプラットフォームで発行されるGovi(GOVI)は「cvi.finance」で利用されるガバナンストークンです

「VIX」とは、株式市場で頻繁に利用される「市場恐怖指数」を表す言葉ですが、これを分散型ネットワークで管理し仮想通貨市場に引用したものが「CVI」です

分散型ボラティリティ指数(CVI)は仮想通貨トレードのオプション価格から導き出せ、市場の期待値を分析しています

Govi(GOVI)は現在、国内の取引所では扱うことができないのでDEX(分散型取引所)のUniswapなどを利用しましょう

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
スポンサーリンク
コインチェック

Govi(GOVI)の特徴

発行枚数32,000,000 GOVI
公式URLhttps://cvi.finance/
国内上場未定
購入できる取引所DEX(分散型取引所)
ブロックチェーンの種類パブリックチェーン
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(ETH)0xeeaa40b28a2d1b0b08f6f97bb1dd4b75316c6107

Govi(GOVI)の特徴は以下からです

CVI

トレーダーがボラティリティ(価格の変動の激しさを表すパラメータ)対して、自衛をできるようにするために開発されたのが、分散型VIXである「CVI」です

cvi.financeは市場にこの「CVI」を提唱した第一人者でもあります

COTI CVI(市場恐怖指数)インデックスの値の範囲は0〜200の範囲で表され、この数値は、仮想通貨のチャートと逆に推移します

また、COTIフラットフォームでは完全に分散化された自動調整取引システムを導入しています

この自動調整取引システムでは、CVIを利用してロング/ショートポジションを入力することを可能にしています

GOVIトークン

COTIフラットフォームの「cvi.finance」のガバナンストークンとして機能します

GOVIトークンは、事前のマイニングやトークンセール、ICOによる資金調達、ベンチャーキャピタルなどを一切行っていません

GOVIトークンを手に入れる方法は、UniswapなどのDEXを利用して流動性に貢献することによって配布される「LPトークン」となっています

保有することによって、得られる権利は

  • レバレッジを変更するための投票
  • 料金を変更するために投票
  • D0(ポジション開始の預金の値)の変更に投票
  • Dmin(清算ポジションの最低預金の値)の変更に投票
  • データソースと集約プロトコルの変更に投票
  • 取引プラットフォームの変更と機能強化に投票
  • 保有者はプラットフォーム料金を共有

といったことが可能になります

cvi.financeのガバナンストークンであるGOVIは3年間に渡って配布され、クジラなどの介入を懸念する必要もありません

CVIプラットフォーム

CVIプラットフォームは、完全に分散化された自己調整型取引システムを導入しています

これは、CVIを導き出すことによって市場の価格の推移を予測したトレーダーと流動性プロバイダーの2種類のユーザーに利用されています

トレーダーは、ボラティリティに対して仮想通貨の保有をヘッジするためにCVIを利用します

トレーダーはさまざまな仮想通貨のポートフォリオでロングポジションを持ち、市場が落ち込むことを常に懸念しています

トレーダーはCVIでロングポジション(仮想通貨市場と逆の動き)を取ることで、ポートフォリオ全体の価値をヘッジします

これにより、トレーダーは仮想通貨で損失を被ってもCVIで利益を得ることができます

CVIプラットフォームには手数料を払うのみとなっているため負担も少なくなります

流動性プロバイダーはトレーダーが仮想通貨取引を行う際の、保険屋のような役割を持っています

ユーザーから資金を集め、LPトークンを配布しその量に応じて報酬の払い出しを行うのが「GOVIトークン」

集められた資金を基にCVIプラットフォームという保険屋を経営しているようなイメージです

Govi(GOVI)のチャートと将来性

Govi(GOVI)のチャート情報です

将来性

CVIプラットフォームのエコシステムはトレーダーにとって、最善のリスクヘッジの方法の一つとして登場しました

株や為替取引では同様の仕組みを取り入れている機関はありましたが、仮想通貨においては初のサービスとなっています

トレーダーへの認知度が高まれば、流動性プロバイダーの供給量が求められるため、APYが上がる可能性があります

そうなれば、ステーキングによる安定報酬を求める投資家の流入も考えられるのでGOVIトークンの価値の上昇には期待できるのではないでしょうか?

GOVIを入手する

Govi(GOVI)を手に入れるためには、ウォレットとDEX(分散型取引所)の利用をする必要があります

下記リンクからウォレットと推奨されているDEXである「Uniswap」の利用方法を確認できます

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました