【HederaHashgraph(HBAR)】はBTC,ETHに次ぐ第3世代の仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

世界的なIT企業であるGoogleやIBMがガバナンス問題に対して共同開発を行なっているブロックチェーン「edera Hashgraph」についての解説記事です!

従来の仮想通貨が用いている技術であるブロックチェーンの次世代とも言われる「Hashgraph」を採用した仮想通貨です

現在、日本の取引所で「Hedera Hashgraph(HBAR)」を購入・売却することはできませんので、海外の取引所の利用方法も紹介しています

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

Hedera Hashgraph(HBAR)の特徴

Hedera Hashgraphは既存のブロックチェーンとは異なる分散型台帳を用い、ガバナンスやスケーラリビティの問題を解決するプロジェクトです

Hedera Hashgraphの特徴は以下から紹介します

ブロックチェーンの問題点

ブロックチェーンとハッシュグラフとは、どちらも分散型台帳を利用している基盤技術の一つです

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を始めとする多くの仮想通貨はブロックチェーンを採用していますが、利用者が増えていくに伴い、多くの問題点が挙げられています

大きく4つに分類される問題点は以下です

パフォーマンスの問題

1秒間に10件前後の取引しか実行できない、0.2ドルもの平均取引手数料、送金完了に要する時間が1時間程度かかる場合もある

セキュリティの問題

技術的に取引が100%成立するという確証がない(ファイナリティがない)

ガバナンスの問題

プラットフォームの運営元に対して不明確な部分が多い

誰がどのようなルールや基準で運営しているのかが透明ではない

安定性の問題

ブロックチェーンの特性上、合意形成が取れない場合にフォーク(分岐)が発生してしまう

ハッシュグラフ

ハッシュグラフという分散型台帳の構造は一本にデータが連鎖をしているブロックチェーンとは異なります

ハッシュグラフのイメージ

ネットワークに接続しているノード間の通信でトランザクションの情報を拡散する「ゴシッププロトコル」という仕組みを利用し、情報の伝達を行なっています

トランザクションは「イベント」と呼ばれるコンテナ(ブロックチェーンにおけるブロックのイメージ)に格納されています

「イベント」にはトランザクションを含めた以下の5つの情報が格納され検証を可能にします

  • タイムスタンプ
  • トランザクション
  • 親イベントのハッシュ値
  • イベント作成者の持つ直前のイベントのハッシュ値
  • イベント作成者のデジタル署名

この仕組みにより、過去のイベントの改竄は従来のブロックチェーンと比較して困難になります

また、ブロックチェーンでは不特定多数のマイナーが並列的に作業を行なっているため同時にブロックが生成される(チェーン)が発生しますがハッシュグラフにおいてイベントは順序付けられて処理されるため分岐(フォーク)が発生することはありません

ハッシュグラフによってブロックチェーンの問題点は以下のように解決されます

パフォーマンスの改善

1秒に数万件以上取引が可能(テストネットでは50万件の処理を記録)、0.0001ドルと格安の平均取引手数料、取引承認速度が3~5秒となり超高速で送金可能

セキュリティの改善

非同期ビザンチンフォールトトラレンス(ABFT)を採用

これは、DDos攻撃やシビル攻撃が通じないセキュリティ強度であり業界で最高レベルとなっています

結果としてファイナリティがあることとなっています

ガバナンスの改善

透明性が非常に高いガバナンスを行う運営審議会を組織しています

18業種、39社もの大企業が参画し、この任期は最長6年に及ぶため安定した組織となっています

安定性の改善

ハッシュグラフの技術的制御でフォークを発生させず、阻止することが可能

Dappsの紹介

Hashgraphを用いて運用されるDappsの一部を紹介します

公式サイトでも一覧が確認できます

Decentralized on Hedera | Hedera Hashgraph
From innovative startups to global enterprises, these are just a few of the developers, entrepreneurs, and companies decentralizing the future on Hedera.
acoer

ヘルスケアにおけるコミュニケーションの透明性と効率を向上させるために、製薬及びライフサイエンス向けのオープンソースソリューションを提供しています

AdsDax

Hedera Hashgraphを使用して広告のライフサイクル全体を通じて透明性を提供することにより、広告市場を適切なものにすることを目指しています

agryo

農業ローンプラットフォームは、Hedera Smart Contract and Consensus Serviceを使用して、透明で検証可能な融資プロセスを提供します

AVERY DENNISON

エイブリィ・デニソン(atma.io)は、すべてのアイテム、すべての企業すべての人の間で信頼できる持続可能な関係の基盤を構築しています

CHOPRA FOUNDATION

Hedera Hashgraphと連携して、世界中の精神的及び感情的な健康をサポートする信頼できるリソースのアクセスを民主化する分散型プラットフォームを作成しています

THE COUPON BUREAU

業界が管理する非営利団体TCBは、Hedera Consensus Serviceを使用して、メーカークーポンのUniversal Positive OfferFileを開発及び保守しています

DOVU

DOVUを使用すると、価値の獲得と報酬を簡単に得ることができます

DOVは、あなたの人生をカーボンオフセットすることによって獲得し、使うERC-20トークンです

Earth ID

MyEarth IDは、ユーザーがデジタルIDデータを制御し、サードパーティと安全に検証できるようにする分散型ID管理システムです

earthtile

Earthtileは、Hederaの低料金とエネルギー使用、速度、セキュリティ、拡張性を利用して、惑星規模での生態学的管理への大衆参加を推奨しています

eftpos

eftposはオーストラリアのデビットカードシステムであり、2019年には約1,300億ドル相当に20億を超えるCHQ及びSAVトランザクションを占めています

Entrust

オーストラリア初のフルサービスの農業サプライチェーンプラットフォームであるEntrustは、Hedera Consensus Serviceを利用して、信頼できる方法でデータを追跡しています

Everyware

Everywareは、重要な資産のリアルタイムインテリジェンス、異常検出、及び意思決定をグローバルに提供し、組織にどこからでもアクセスできる即時の可視性と説明責任を提供します

Hala Systems

Hala Systemsは、紛争前、紛争中、紛争後の民間人と資産の保護、説明責任、及び暴力の防止のためのソリューションを開発しています

Hashing Systems

Hashing Systemsを使用すると、コーディングを減らしてHederaでの構築が簡単になります

ハッシュネームサービスやペイメントゲートウェイなどのツールは、開発を簡素化するための最初のステップです

INFINITE by SUKU

INFINITE by SUKUのサービスとアプリケーションは、スニーカー、アパレル、その他の物理的またはデジタルアクセサリ向けに設計されたデジタルID発行及び管理プラットフォームです

MAALEXI

Maalexiは、売り手と買い手が過剰在庫を取引できるようにする、B2Bの分散型台帳テクノロジーベースのマーケットプレイスです

相互に効率的に通信及び取引するための信頼できるソリューションを提供します

Manetu

Manetuの消費者プライバシー管理プラットフォームは、消費者の同意とデータアクセス要求のシームレスで動的かつインテリジェントなエンドツーエンド管理を提供します

power transition

パワートランジョンは、政府、企業、個人によるエネルギーの使用、管理、取引の方法を変革するためのマイクログリッド管理プラットフォームです

チャートと将来性

Hedera Hashgraph(HBAR)のチャートです

Hedera Hashgraph(HBAR)の将来性

分散型台帳技術の代表格であったブロックチェーンを大きく上回る革新的技術「Hashgraph」を用いた仮想通貨「Hedera Hashgraph(HBAR)」は現時点では、まだ世界的に有名とは言えません

しかし、Web3.0などの将来を見越しているベンチャー企業やGoogleやIBMといったIT企業の大手などは続々と提携を行なっています

革新的な技術がありながら注目をあまり受けていないという点では、将来性は大いに期待できそうです!

ブロックチェーンのように「Hashgraph」がスタンダードとなればビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)に次ぐ時価総額に成長することも実現不可能ではありません

Hedera Hashgraph(HBAR)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Hedera Hashgraph(HBAR)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Hedera Hashgraph(HBAR)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  • 日本の取引所で口座開設を行う
  • 日本の取引所に日本円を入金する
  • 入金した日本円で仮想通貨を購入
  • 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  • 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました