【Holochain(HOT)】はブロックチェーンを利用しない仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

Holochain(HOT)はイーサリアムのブロックチェーン上で稼働するERC-20トークンです

ブロックチェーンという概念を用いずに個々人で管理する仮想通貨について解説していきます!

Holochain(HOT)は現時点では、日本では購入・売却を行うことができませんので海外の取引所を利用しましょう!

海外取引所の利用方法はサイト下部で解説しています!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

スポンサーリンク
コインチェック

Holochain(HOT)の特徴

Holochain(HOT)は中央集権と非中央集権のハイブリットで運営されています

その仕組みと特徴は以下の3点です!

P2P通信

Holochain(HOT)は新しいコンセプトである「ポストブロックチェーン」を目指して開発されました

ブロックチェーンは分散型ネットワークを構築して送金などのデータ処理を行なっています

ブロックチェーンの性質上、利用者が増えるにつれてネットワークにかかる負荷が大きくなり、トランザクションを処理しきれなくなります

これにより、送金の遅延や手数料の増加などが発生します

この一連のイレギュラーをスケーラリビティ問題といい、ブロックチェーンが解決すべき課題の一つとして考えられています

それに対して、Holochain(HOT)では、P2Pネットワークを構成しスケーラリビティ問題を解決します

個々のデバイスが完全に独立した状態でネットワークに接続するのでブロックチェーンを要さず、完全な分散型ネットワークが構築できます

現在、ブロックチェーンの取引件数の目標の一つにVISAの処理速度が上げられることが多くあります

VISAが処理できるのは24,000トランザクション/秒と言われています

Holochain(HOT)はその処理速度を理論上超えることが可能とされ、手数料も圧倒的に安く済ませることができます

これが、Holochain(HOT)がブロックチェーンの概念を持たない理由です

マイニング方法

Holochain(HOT)はブロックチェーンではなく、個々のノードが協力して取引処理を行うことで分散管理を行いスケーラビリティ問題を解決できるとされています

HolochainのP2Pネットワークに、デバイスの余剰ストレージや処理性能を貸し出すことで報酬を受け取ることが可能になっています

Holo port

Holochain協会が公式に販売している商品です

Holochain(HOT)を稼ぎ出すのに最適な手段となるようチューニングされ、Holoのクラウドホスティングサービスの一端を担います

小さなボックス型デバイスで電源を入れ、ネットワークに接続しておくだけで報酬として「Holochain(HOT)」を受け取ることが可能です

Holo software

Holo portを購入せずに自宅にあるデバイスで「Holochain(HOT)」の報酬を受け取りたいユーザーのためのソフトウェアです

現在は、フリーのOSであるLinuxのみに提供されています

WindowsやMacなどのOSでは利用することができませんが、今後のアップデートで利用可能になることが明言されています

コンセンサスアルゴリズム

HolochainのネットワークではP2Pテクノロジーの性質上、あらゆるコンセンサスアルゴリズムに対応することが可能とされています

PoWやPoSなどの様々なコンセンサスアルゴリズムを取り入れるメリットとして、様々なノードに対しての報酬をカスタムすることができます

通常、ブロックチェーンにおいては1つのコンセンサスアルゴリズムを導入することしかできませんが、Holochainであればモジュール的に合意形成を取り入れられます

チャートと将来性

Holochain(HOT)のチャートです

Holochain(HOT)の将来性

中央集権型となっている多くの機関に対して、非中央集権型により個々人で管理をするよう切り替わり始めているのが現在です

分散型ネットワークのブロックチェーンも完全とは言えませんがHolochainではP2Pを用いてほぼ完全な形で分散型ネットワークを構築しています

現状では、サービス展開が開始されていないものもありますが、今後、独立したパブリックブロックチェーンとなれば価値をあげていく可能性はあります

しかし、仮想通貨の発行総量が約1700億枚と非常に多いため、価格上昇が起きにくいとの見方もあります

まだ価値が低いため購入価値はありそうですが、爆発的な値上げは望めなさそうです

Holochain(HOT)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Holochain(HOT)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Holochain(HOT)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました