【IOST】は全く新しいコンセンサスアルゴリズムを採用した仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

ビットコイン(BTC)のPoW(プルーフオブワーク)やイーサリアム(ETH)がアップデートで導入するPoS(プルーフオブステーク)とは異なるPoBを採用している「IOST」の解説です

IOSTは日本の仮想通貨取引所に上場している仮想通貨なので日本円ですぐに購入をすることができます!

日本で唯一IOSTが扱える取引所は「コインチェック」です!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
スポンサーリンク
コインチェック

IOSTの特徴

IOSTはサービス開始時にはイーサリアムのブロックチェーン上で運用されるERC-20トークンとしてリリースされました

現在では、パブリックブロックチェーンの仮想通貨に移行し、取引が行われています

PoB

IOSTが採用している独自のコンセンサスアルゴリズムであるPoB(プルーフオブビリーバビリティー
)について説明します

ビリーバビリティーとは、和訳すると「もっともらしさ」や「いかにもありそうな感じ」といった意味です

他にも、「小説や物語におけるリアリティ」といった意味でも使われ、PoBの意味には後者が最も近いように感じられます

PoB(プルーフオブビリーバビリティー)では、PoSよりもさらに分散管理をすることを目的としていています

スマートコントラクトを用いたDeFi(分散型金融)への移行を進めるためには、担保が必要となっていました

担保がなければ信用を得られず、サービスに対して人が集まらないからです

しかし、IOSTのPoBでは独自のアルゴリズムにより無担保の状態でDeFiの運用を開始することができます

また、ネットワーク全体でのスケーラリビティ(処理性能)をも分散させるため、高速での取引を実現しています

簡単な開発

IOSTはスマートコントラクトを実装しているブロックチェーンなので、IOSTブロックチェーン上でDppasの開発を行うことが可能となっています

通常、スマートコントラクトや独自のブロックチェーンを構築するには専用のプログラミング言語の習得と高い知識が必要となっていました

IOSTは世界で最も有名かつ習得者が多いと言われいてるプログラミング言語の一つである「JavaScript」を用いて開発に参入することができます

これによって、世界中の開発者が低難易度で仮想通貨事業に参入することを可能にし、DeFiに移行しやすくなります

NTFマーケット

日本でも、IOSTブロックチェーンを用いたビジネスが展開されています

株式会社プラチナエッグは、IOSTのトークン規格である「IRC-722」を使いNFT(非代替性トークン)マーケットプレイス「TOKEN LINK (トークンリンク) 」のサービスを提供しています(ベータ版)

NFT(非代替性トークン)とは、画像やテキスト、ゲーム内のアイテムなどのあらゆる電子コンテンツに価値を持たせ、またそれを証明できるようにする技術です

TOKEN LINK (トークンリンク) 」はゲーム内で入手したアイテムをNFT(非代替性トークン)としこれをトレードすることができるプラットフォームです

チャート

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました