【Kalata(KALA)】は株式、商品、レバレッジ、先物などをP2Pエンジンで管理する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

近日、ICOが開始されるKalata(KALA)は、プラットフォームのガバナンストークンとして開発されました

本記事では、Kalata(KALA)の特徴について解説します

スポンサーリンク
コインチェック

Kalata(KALA)の特徴

発行枚数200,000,000 KALA
公式URLhttps://www.kalata.io/
国内上場未定
購入できる取引所調査中
ブロックチェーンの種類BSC(BEP-20)
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0x32299c93960bb583a43c2220dc89152391a610c5

仕組み

Kalata(KALA)を利用した取引所のシステムでは、分散価格である担保を介して株式、商品資産価格を読み込みます

発行者は担保をロックし、資産価値が担保のしきい値を超えた場合、システムの支払能力を確保するために担保が清算されます

Kalata(KALA)を用いて資産をアセットトークン化する利点は以下が挙げられています

  • 地理的障壁の削減
  • 仲買人への依存度の低下
  • 分割所有権によるアクセシビリティの向上
  • 資産流動性の改善
  • トランザクション効率の向上
  • 投資家基盤の拡大

Kalata取引所を利用して取引を行う2つのメリットがあります

1つ目は、「任意の資産のクロスマージン」です

Kalata取引所ではBTC、ETH、アルトコイン、ゴールド、フィアットなど、事実上すべての資産をピアツープールエンジンでサポートすることができます

Kalataは最先端のクロスマージニングもサポートし、資本効率を最大化することを目的としています

2つ目は、「ゼロスリッページと保証された実行」です

すべての取引は、過剰担保の流動性プールによって保証された、スリッページのないリアルタイムの価格フィードに対して実行されます

取引所を利用する際に、無視できないスリッページをゼロとして運用することで、資産効率を落とさずに運用することを可能にしています

ロードマップ

Kalata(KALA)のロードマップを紹介します

2021-Q2

Kalata V1バージョンのオンラインBSCネットワーク、米国の株式資産の住宅ローン統合をサポート

2021-Q3

高性能予測機により、チェーン資産合成における商品の実現

2021-Q4

合成資産のデリバティブ取引をサポートするためにKalataExchangeが開始されます

2022-Q1・Q2

NERAネットワークに基づいて、合成資産(デリバティブ)先物取引の開発を継続し、レバレッジ取引

2022-Q3・Q4

KalataシステムのDAOモードガバナンスへの移行

Kalata(KALA)のチャート

Kalata(KALA)のチャートはICO開始後まで不明となっています

ICOの参加とトークンの追加

Kalata(KALA)は現在、ICOの準備段階となっています

ICOへの参加を考えている方は、以下記事よりウォレットに「BSC(バイナンススマートチェーン)」のネットワークを追加し、

コントラクトアドレス「0x32299c93960bb583a43c2220dc89152391a610c5」を用いてトークンを追加してICO参加の準備を行いましょう

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
11種類の仮想通貨が取引可能!365日対応のLINEサポートが受けられる!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数11種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★

当サイト内の各記事は執筆当時の各取引所の商品情報となりますので、最新の商品情報については各取引所のホームページをご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました