【Klaytn(KLAY)】は誰でも利用可能な経済圏を構築する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

韓国のLINEとも言われる「カカオトーク」の運営元であるKakao corporationがローンチした仮想通貨Klaytn(クレイトン)について解説します!

仮想通貨やブロックチェーンは黎明期にあり、取引や決済での利用にはある程度の知識を要しますが、環境を整備し、知識のない一般ユーザーでも容易に扱える経済圏を目指してKlaytn(KLAY)は開発されました

現在、日本の取引所で「Klaytn(KLAY)」を購入・売却することはできませんので、海外の取引所の利用方法も紹介しています

スポンサーリンク
コインチェック

Klaytn(KLAY)の特徴

Klaytn(KLAY)は、独自のプロックチェーンを持つ「パブリックチェーン」と企業などが管理を行い易くする「プライベートチェーン」のハイブリット構造を持っています

パブリックチェーンとプライベートチェーンの説明の下からKlaytn(KLAY)のポイントを解説します!

パブリックチェーン

メリット

  • 明確な管理者が存在しない(非中央集権型
  • 信頼性が高い(情報の改竄が不可能なため)
  • 分散的な情報処理を行うため、ゼロダウンタイム(サーバーダウンが発生しない)となる

デメリット

  • PoWなどのコンセンサスアルゴリズムでは取引の承認に時間がかかり手数料が高額となってしまう
  • 同上の理由で大量の電力を要する事になる
  • 個人情報保護の観点に問題がある(ノードがネットワークの情報を閲覧可能なため)
プライベートチェーン

メリット

  • コンセンサスアルゴリズムが任意となるため、取引の承認が短時間かつ手数料が安い
  • 運営を行う主体があるため、個人情報の安全性が高い
  • インセンティブが発生しない

デメリット

  • 中央集権的な管理方法であるためデータ改竄などのリスクがある
  • 管理者がサーバーなどの設備を用意する必要があり、システム的な負担がある

Bapps

イーサリアムなどスマートコントラクトが実装されているブロックチェーン上で作成されるDappsは初期と比較すると参入障壁が下がり開発が容易になりました

しかし、ユーザー側にもある程度の知識がなければアプリケーションを使いこなせないという問題点があり普及を妨げています

Klaytn(KLAY)では、Dappsを開発するためにチュートリアルやツールキットといったソフトウェアを提供し、様々な場面で利用できる環境を整えています

これを企業側に提供することにより「ユーザーが気付かずに利用することが可能な」ブロックチェーンアプリケーション(Bapps)の普及を行なっています

ICO

Klaytn(KLAY)の開発元であるKakao corporationが所在している韓国ではICOを利用することができません

資金調達が通常の方法では叶わなかったため、Klaytn(KLAY)はプライベート・コイン・オファリングでの資金調達を行いました

2018年12月に行われたプライベートセールではユニット単価が0.03ドルであり、その後2019年4月に行われたプライベートセールでユニット単価は0.08ドル(約8円)となりました

資金調達額は9,000万ドルに上り市場から大きく注目をされていることが分かります

アップビット・シンガポール(Upbit Singapore)は上記の情報と合わせ取引所で扱いを開始することを公表しています

チャートと将来性

Klaytn(KLAY)のチャートです

Klaytn(KLAY)の将来性

Klaytn(KLAY)はまだリリースされてから期間の短い仮想通貨であるため、海外の取引所においても上場しているところは少ないです

Klaytn(KLAY)の運営であるカカオの基盤を考えるとエコシステムを構築するのに充分であると思われます

多くの取引所に上場され、流通量が増えれば相対的に価値が上がっていくことは予想できます!

Klaytn(KLAY)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Klaytn(KLAY)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Klaytn(KLAY)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  • 日本の取引所で口座開設を行う
  • 日本の取引所に日本円を入金する
  • 入金した日本円で仮想通貨を購入
  • 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  • 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 3「DMM Bitcoin」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
最短1日で開設可能な取引所!取引手数料も無料!※BitMatch取引手数料を除く
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行★★★★
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました