【Chainlink(LINK)】はIT業界2位のオラクルと提携した仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

スマートコントラクト社によって開発され、世界第2位のソフトウェア企業である「オラクル」と提携しているChainlink(LINK)の将来性を分析しました!

オラクルとは、アメリカの企業で主に民間法人や公的機関を対象とするビジネス用途に特化したソフトウェア製品を取り扱っています

クラウドやライセンスの取り扱いも行なっていますが、最も有名なのはプログラミング言語である「Java」の商標登録を行なっているのはこの企業です

Chainlink(LINK)はソフトウェアとハードウェアの中間であるミドルウェアとして開発され、スマートコントラクトの欠点を克服し、外部のシステムやAPIとの接続を可能にしました

仮想通貨Chainlink(LINK)の特徴は以下の3つです

スポンサーリンク
コインチェック

Chainlink(LINK)の特徴

分散型オラクル

冒頭でも説明した通り、Chainlink(LINK)の技術力の高さはオラクルから非常に高く評価され業務提携を行なっています

オラクルとは企業名でもありますが、データベースの概念として理解したほうが分かりやすいと思います

まず、ブロックチェーンはオンチェーンオフチェーンという概念が存在します

  • オンチェーンとは、ブロックチェーン上の取引またはデータ
  • オフチェーンとは、取引時などに要される第三者または機関

となります

ブロックチェーンの構造は仮想通貨によって様々ありますが、ブロックチェーン同士を行き来することは難しいため、例えばビットコイン(BTC)をイーサリアム(ETH)に変える場合は取引所などを要します

この取引所がオフチェーンにあたり、この第三者(オフチェーン)とブロックチェーン(オンチェーン)を接続するのがオラクルです

単一の仮想通貨のスワップであればこのシステムはそこまで重要ではありませんが、スマートコントラクトを用いた時にオフチェーンとの接続が重要になります

IoTや不動産、有価証券や保険などのデータをオフチェーンで行われた時にその記録をオンチェーンに差異なく伝えます

この時に重要になってくるのがオラクルの信頼性です

中央集権による管理であればオラクルを信用する他ないですが、不正をされていても認知することが難しくまた、発覚した場合に価値を大きく失ってしまいます

そのような中央集権はブロックチェーンにおいては危険なものと考えられ利用される機会を失ってしまいます

そのため、オラクルはデータベースを複数に分散させイーサリアム(ETH)のブロックチェーンに非中央集権的に送り返すことで信頼を担保しています

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、ブロックチェーンにおいて相互で監視し合う信頼のおけるネットワークの中、契約を自動化させるプログラムです

これは時価総額2位の仮想通貨イーサリアム(ETH)の中核のシステムであり、Chainlink(LINK)もこのイーサリアムのERC-20の規格に準拠したトークンを発行しています

Chainlink(LINK)は分散化オラクルによりオフチェーン取引において40以上のユースケースを想定しています

ユースケースとしては、金融系サービス、保険、企業のデータベース、個人情報、衛星、人工知能、ギャンブルや行政などが含まれています

この分散型ネットワークを運用していく上でのChainlink(LINK)トークンは担保としての価値を有します

即ち、金融やその他スマートコントラクトを利用するためには金額に見合ったChainlink(LINK)トークンを用意しなくてはなりません

Chainlink(LINK)を用いた分散化オラクルの経済圏が大きくなればなるにつれてChainlink(LINK)トークンの必要量は大きくなり価値を増幅させます

Chainlink(LINK)の将来性

Chainlink(LINK)は他にも国際銀行間通信協会(SWIFT)との連携も行なっています

国際銀行間通信協会(SWIFT)は世界中の金融機関同士のあらゆる通信にクラウドサービスを提供している会社です

SWIFTを用いて、クレジットカードや銀行間の送金など金融サービスの多くはこれを利用しています

Chainlink(LINK)はSWIFTとも提携をすることでその経済圏を広げています

今後、このChainlink(LINK)の経済圏が大きくなれば価値が上がることが考えられます!

現在、日本国内でChainlink(LINK)を購入・売却などの取引をすることはできません

取引をする場合は、完全日本語対応しているBinanceなどの海外口座を利用しましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

チャートと購入方法

購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Chainlink(LINK)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Chainlink(LINK)」を購入しましょう!

日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました