【LinkEye(LET)】はクレジットに基づくデジタル資産のサービスプラットフォーム!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

LinkEyeは、クレジットに基づくデジタル資産のサービスプラットフォームです

LinkEyeは、クレジット社会を構築するという開発理念の下、ブロックチェーンテクノロジーを通じて、オープンで共有されたクレジットシステムとデジタルアセットサービスプラットフォームを構築しています

プラットフォームの利用者は、世界中の個人や企業に安全で便利な複合デジタルアセットサービスを提供することが可能になります

スポンサーリンク
コインチェック

LinkEye(LET)の特徴

発行枚数1,000,000,000 LET
公式URLhttps://linkeye.com/#/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0xfa3118b34522580c35ae27f6cf52da1dbb756288
ブロックチェーンベース

LinkEyeは、コンソーシアム-ブロックチェーンに基づいて、クレジット情報アライアンスの開始点を正確に見つけることができます

業界の洞察

LinkEyeは、従来の金融とインターネット金融の両方の経験を持つプロの金融業者によって構築されています

成功体験

LETの開発チームは3年以上のプロジェクト経験があります

過去、1,000以上の金融機関と協力し、50億の取引量を持つプラットフォームの運用に成功しています

豊富なリソース

何年にもわたるデータ蓄積の末、プロジェクトのコンセプトと利点と組み合わせて、LinkEyeは数千万のブラックリストデータに到達しました

LinkEye-Prism

LinkEye-Prismは、中国、東南アジア、ヨーロッパのクレジット市場のビッグデータに基づいて、業界へ参入します

LinkEye-Prismは、ブロックチェーンテクノロジーとクレジットエコノミーモデルを利用します

  • 高コスト
  • データの不一致
  • アクセス可能性
  • 人材不足

などの問題を解決することで、クレジットアライアンス内の信頼できないプロファイルの共有リストを作成できます

動作原理


貸付機関は、他のメンバーによって公開されたコンソーシアム-ブロックチェーンのクレジットブラックリストにアクセスできます

詳細な信用報告書を取得するには、一定額のLinkEyeトークン(LET)を支払うことが条件となります

将来性

LinkEye(LET)プラットフォームとそのトークンの可能性について紹介します

持続可能性

長い歴史の中で持続可能な産業の成長を文政期した結果によれば、クレジットファイナンスは世界経済を後押しする産業としての役割を果たしていくと予測できます

オープンオペレーション

LinkEye Foundationの委員会は、技術と運用の継続的な改善により、アライアンスメンバーによって選出されます

トークンエコノミー

クエリまたはトランザクションから引き出されたすべてのトークンは、合理的かつ効果的な流通を確保するために2年間ロックされます

技術的特徴

プラットフォームの技術的特徴は以下の様なものとなっています

データセキュリティ

LinkEye-Prismは、対称暗号化と非対称暗号化を組み合わせてデータのセキュリティを保護しています

デジタル署名を使用して情報の整合性と信頼性を確保します

ハイパフォーマンス

LinkEye-Prismは、IBMが推奨するPBFTアルゴリズムを独自に実現し、書き込みパフォーマンスを大幅に向上させます

データの暗号化には対称暗号化方式が使用されています

これは、非対称暗号化よりも500〜1000倍高速となっており、インターネットワークプロトコルが最適化され、ノード間のデータのブロードキャストと同期が高速化されます

テスト環境においての理論値は100ktpsとなっています

スケーラビリティ

LinkEye-Prismはモジュラー設計を利用しています

  • コンセンサスアルゴリズム
  • スマートコントラクト
  • P2Pプロトコル
  • ブロック書き込み

などをカプセル化することで、各モジュールを交換できるようにします

スマートコントラクトをアップグレードして、メンテナンス後のスケーラビリティを促進できます

同時に、フレームワークの下部はマルチチャネルをサポートし、さまざまなビジネスシナリオで

「さまざまな人々がさまざまなデータにアクセスする」

という要件を満たし、将来、より多くの種類のクレジットデータを保存するシステムをサポートします

アクセス

データは一度にブロックチェーンに書き込まれるため、フォローアップクエリと特典の配布はLinkEyeプラットフォームで個別に完了します

これにより、メンバーのアクセスコストが大幅に削減されます

LinkEyeが提供するSDKを使用すると、「0」の開発アクセスを実現できます

LinkEyeがすべてを修正するため、メンバーはプラットフォームのアップグレードについて心配する必要はありません

ロードマップ

LinkEye(LET)の開発ロードマップです

フレーズ1「プリズム」

  • ブロックチェーンベースのクレジットアライアンス
  • ブラックリストプラットフォーム
  • 詐欺師のデータベース作成

フレーズ2「ハローワールド」

  • デジタル資産貸付プラットフォーム
  • ホワイトリスト管理
  • デジタル資産サービスの展開

フレーズ3

  • 個人プロファイルから企業プロファイルへのサービス範囲の拡大

フレーズ4

  • デジタル資産業界から他業種へのセグメントにサービスを拡張する

購入方法

LinkEye(LET)は、現時点で国内、海外の取引所で扱うことはできません

提供開始後に、DEX(分散型取引所)の「Uniswap」などで取引ができるものと推測されます

DEXにアクセスするためにはウォレットとイーサリアム(ETH)が必要となりますので国内取引所の「コインチェック」や「bitFlyer」などで購入しておきましょう!

ウォレットの利用方法は以下の記事で詳細の解説をしていますので参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました