【MercurialFinance(MER)】はDeFi初の動的ボールトを構築を目的に開発された仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

MercurialFinance(MER)は「Solana Ecosystem」上で開発、発行されたトークンでユーザーが安定した資産を簡単に預け入れてフォージングするための技術ツールを提供しています

MercurialFinanceは現時点では、ICOが開始されておらず、5月13日にFTXでIEOを開始します

IEOとはICOの類義でCEX(中央集権取引所)がバックアップをした資金調達となっています

オススメ取引所 「 GMOコイン」
最短10分で本人確認が完了するオリコン顧客満足度No. 1の取引所!
仮想通貨の出庫手数料が無料で自動売買ツールの提供もあり!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行/即時入金★★★★★
スポンサーリンク
コインチェック

MercurialFinance(MER)の特徴

発行枚数調査中
公式URLhttps://mercurialfi.medium.com/
国内上場未定
購入できる取引所FTX
ブロックチェーンの種類SOL
コンセンサスアルゴリズム調査中(DPoSの可能性)
コントラクトアドレス(Solana Ecosystem)調査中

現時点だと、まだ不透明な部分が多いためホワイトペーパーが公開され次第追記します

ユースケース

コミュニティのパフォーマンスを最適化するために、MERトークンとして預け入れられた資産は動的に使用されます

  • 低スリッページスワップ
  • 貸付
  • フラッシュローン
  • 外部のサードパーティ分散プロトコル

など、幅広いユースケースの促進を計画しています

Solanaの強力なパフォーマンス機能を利用して、同じトランザクションでの引き出しや交換などの主要なトランザクションを可能としています

流動性

ソラナ(SOL)のエコシステムでペッグされた資産の利用可能性をさらに高めるために、mUSDやmBTCのような合成資産の作成を可能にします

これらの資産をプールすることで、他の保管場所の流動性を高めたり、他のサードパーティの分散型プロトコルとの連携を容易にしたりすることができます

価格曲線

MercurialFinance(MER)の開発チームは、革新的な技術目標を2つ掲げています

  • 資産の流れを調整するオンチェーン・アルゴリズム
  • 市場や価格データを利用してLPがパフォーマンスを最適化できるように支援するダイナミック・フィー

高い効率性、複数のトークンへの対応、あらゆる種類のトークンセットへの汎用性を兼ね備えた、世界初となる独自のプライシングカーブを開発を行なっています

ライトペーパー(ホワイトペーパー)

5月13日に公開される予定のライトペーパー(ホワイトペーパー)に記載されるロードマップの一部を紹介します

USDC、USDT、wUSDC、wDAIの保管場所を用意し、ダイナミックな手数料で低スリッページのスワップを実現します

技術的にもエコシステム的にも重要な部分(プログラム間のコンポーザビリティやプライスオラクルなど)がSolanaで利用可能になれば、それに応じて機能を追加していきます

Solana上のDeFiエコシステムは非常に速いペースで進化しており、中でも安定したコインが重要視されています

Mercurialのようなダイナミックなシステムは、ユーザーが最も生産的なチャンネルに向けて流動性を容易に得ることができる強固なプラットフォームを提供できると考えています

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました