【Metis(METIS)】はブロックチェーン上で独自の分散型ビジネスを作成できるプラットフォームで利用される仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

現在、ICO中の仮想通貨「Metis(METIS)」の紹介記事です

Metis(METIS)は

  • ギグエコノミー
  • DEFI 2.0
  • 開発者コミュニティ

の3つのユースケースにより、ブロックチェーンを用いた分散型ビジネスをスタートさせるプラットフォームとして機能します

スポンサーリンク
コインチェック

Metis(METIS)の特徴

発行枚数調査中
公式URLhttps://www.metis.io/
国内上場未定
購入できる取引所調査中
ブロックチェーンの種類パブリックチェーン
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス()調査中

高機能性

レイヤー1では簡単に利用できない多数の機能を提供します

  • マイクロペイメント
  • ビジネスアプリケーション
  • クリエイター
  • インフルエンサー
  • インセンティブ付きソーシャルメディア
  • DApp

などがこの例に挙げられます

レイヤー1ではオンチェーンでの取引となってしまうためアクションを起こすたびにブロックチェーンへの記載を要しマイニング手数料が発生するため、少額決済には向いていません

Metis(METIS)ではこれに対しセカンドレイヤー(オフチェーン取引)を利用するソリューションの提供を行っています

低価格

Metis Rollupは、Ethereum(ETH)での開発に通常関連する高コストに対処し、競合他社よりも低い料金で利用できることを特徴としています

スケーラビリティ

各分散型自律組織(DAC)では、すべてのDACコラボレーションが行われる一意のセカンドレイヤー構造に関連付けを行っています

MVM(マルチバック仮想マシン)は、セカンドレイヤーのイーサリアムコンストラクトのコンピューティングとストレージを分離します

MVMを使用すると、プロバイダーはサインアップしてコンピューティング能力を提供しセカンドレイヤー構造を真に分散化することができます

プロバイダーは、作成されたブロックに基づいてインセンティブを与えられます

これにより、トランザクションの過多によるスケーラリビティ問題に対してのソリューションを提供できます

チャート

Metis(METIS)は現在、ICOが行われているためチャート情報はありません

オススメ取引所 「 GMOコイン」
最短10分で本人確認が完了するオリコン顧客満足度No. 1の取引所!
仮想通貨の出庫手数料が無料で自動売買ツールの提供もあり!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行/即時入金★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました