【OptionRoom(ROOM)】はPolkadot上に構築された予測プロトコル!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

OptionRoomは、Polkadot上に構築されたユーザー管理のオラクルおよび予測プロトコルとして開発されました

そのプラットフォームについて紹介します

スポンサーリンク
コインチェック

OptionRoom(ROOM)の特徴

発行枚数100,000,000
公式URLhttps://www.optionroom.finance/
国内上場未定
購入できる取引所DEX(Pancakeswap)
ブロックチェーンの種類ETH,BSC
コントラクトアドレス(BEP-20)0x3c45a24d36ab6fc1925533c1f57bc7e1b6fba8a4
コントラクトアドレス(ERC-20)0xad4f86a25bbc20ffb751f2fac312a0b4d8f88c64

プロトコル機能

OaaS

ユーザーが管理するOracle as a service(OaaS)

OptionRoomには、OaaSとして機能する機能があります

これは、Oracleの要求がガバナンスによって解決されるサービスとして提供されます

予測市場プロトコル

OptionRoomを使用すると、ガバナンスのコンセンサスによって結果に応じたイベントデリバティブの作成及び参加が可能です

デュアルトークンモデル

OptionRoomにはデュアルトークンモデルがあります

  • OptionRoomのユーティリティトークンとして機能するROOM
  • プロトコルのガバナンストークンとして機能するCOURT

この2種類のトークンを利用しエコシステムを拡大します

ステーキングと信頼性スコア

ユーザーは、高い信頼性をもつスコアを求めます

正当なガバナンス参加者にはROOMトークンが与えられ、不正な参加者のトークンは焼却されます

LPマイニング

ガバナンストークンCOURTは、流動性を提供する/ユーティリティトークンROOMをステーキングすることによってのみ取得できます

自立可能でコミュニティベース

OptionRoomプロトコルは買い戻しメカニズムを活発的に稼働させています

OptionRoomの創設者は、プロトコル料金を受け取りません

ポルカドット上に構築

OptionRoom v2は、ポルカドットのブロックチェーン上に構築される予定です

ユーザーインセンティブ

OptionRoomは、プロトコルとガバナンスの参加者に報酬を与える仕組みとなっています

プールの作成者は、プールの一定の割合を報酬として受け取り、プールを宣伝するインセンティブを獲得します

報酬バッファプール

プロトコルから生成された料金のうち過剰になったものは、インフレを減らすために報酬バッファープールに転送されます

複数のユースケース

OaaS、無制限の予測市場、分散型投票、紛争解決、分散型調査、厳選されたリストは、OptionRoomのアーキテクチャのユースケースの一部です

購入方法

OptionRoom(ROOM)の取引を行うには、DEX(分散型取引所)を利用する必要があります

DEX(今回は「PancakeSwap」)の利用には以下の準備が必要です

  • 国内の取引所アカウント
  • 仮想通貨「BNB(バイナンスコイン)」
  • Binanceアカウント
  • ウォレット

「PancakeSwap」はBSC(バイナンススマートチェーン)上に構築された取引所であるため、手数料としてBNB(バイナンスコイン)が必要となります

海外取引所のBinanceアカウントを作成して入手しましょう!

国内取引所から海外取引所への送金を行う際には、ビットコインやイーサリアムを利用すると手数料が高額になってしまうことがあるので注意しましょう

仮想通貨の送金は手数料が安いリップル(XRP)がお勧めです!

リップル(XRP)の取り扱いのある国内取引所は「コインチェック」や「bitFlyer」などが有名です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました