【ParalinkNetwork(PARA)】はDOTを基盤としてDeFiアプリケーション用に開発された仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

「ParalinkNetwork(PARA)」はDeFiアプリケーション用に開発されたマルチチェーンオラクルプラットフォームとそこで利用できるトークンです

スポンサーリンク
コインチェック

ParalinkNetwork(PARA)の特徴

発行枚数1,000,000,000 PARA
公式URLhttps://paralink.network/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類BSC,ETH
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BSC)0x076ddce096c93dcf5d51fe346062bf0ba9523493
コントラクトアドレス(ETH)0x3a8d5BC8A8948b68DfC0Ce9C14aC4150e083518c

パラリンクとは

現在のブロックチェーンアプリケーションは、対応できるユースケースの範囲が厳しく制限されています

各ブロックチェーンアプリケーションは、同じチェーン上のパブリックインターフェースを介してのみ状態にアクセスが可能となっています

現実世界のデータにアクセスできないため、ブロックチェーンは予測市場、保険、訴訟、ガバナンス、その他現在社会機関や企業に依存している問題の調整に使用することはできません

これはオラクル問題とも呼ばれています

この問題を解決するために多くの試みがなされてきましたが、現在の解決策はあまりにもコストがかかる上に多くの脆弱性がみられ、大規模に使用することはできませんでした

パラリンクはそのオラクル問題に対してのソリューションを提供します

データエンジン

データの取得は、Paralink Nodes(パラリンクノード)がPQL(Paralink Query Language)を使って行っています

PQLは、SQLデータベースへの問い合わせを始めとしてウェブAPIへのアクセスやウェブサイトのスクレイピング、他のブロックチェーンからの状態へのアクセスを可能にします

さらに、PQLの検証と集約、補間ルールによりデータソースを統合することで堅牢性を向上させています

PQLの定義は、パラリンクノードが実行するETLプロセスを記述し、IPFSを介して不変的に保存、アクセスを行います

簡易的に解説を行うと、開発者はカスタムルールや後処理ルールを許可を取らず自由に追加することができます

オンチェーン・コンセンサス

データソースの中には、他のデータソースよりも高いセキュリティを必要とするものがあります

例えば、分散型のデリバティブ市場や金融市場で使用されるリアルタイムの価格フィードは、価格フィードが破損した場合、大きな金融損失につながる可能性があるためこれに該当します

このユースケースにおいて、チェーン上の調整や検証、および集約メカニズムを備えた評判の良い中継者の定足数が必要です

アルゴリズムを高い頻度で実行することは、スループットの低さとガスコストの高さから、Ethereumを利用することは賢い選択とは言えません

このような理由から、Paralinkのオンチェーンコンセンサスアルゴリズムは、Polkadotとそのサブストレート・スタックとなっています

優位性

Paralink Network は、 DeFi およびその他のブロックチェーン アプリケーション用のマルチチェーン オラクル プラットフォームを提供しています

Paralink Node は EthereumとPlasmをサポートしており、さらに多くのネットワークに対応していく予定となっています

セキュリティ

最高のセキュリティを必要とするアプリケーションは、Polkadot Substrate 上で実行される Paralinkオンチェーン コンセンサス アルゴリズムを提供しています

ソリューション

Paralink クエリ言語とコミュニティが維持する PQL クエリのレジストリを使用すると、現実世界のデータに簡単にアクセスできます

チャート

ParalinkNetwork(PARA)のチャート情報です

購入方法

ParalinkNetwork(PARA)の購入・売却を始めとした取引を行うにはDEX(分散型取引所)を利用する必要があります

イーサリアム系のトークンを利用している場合は「Uniswap」を、BSC(バイナンススマートチェーン)系のトークンを利用している場合は「Pancakeswap」を利用しましょう

ウォレットへのネットワークの追加方法やDEXへの接続方法については以下記事で解説しています

コメント

タイトルとURLをコピーしました