【PathFund(PATH)】は分散型コンサルティングプラットフォームで利用される仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

PathFundは分散型ローンチパッドとして開発され、その目的は、詐欺トークンの数が増加している昨今のプロジェクトに対する信頼問題を解決し、正当な価格の資金調達を可能にするためです

そのプラットフォームの機能と特徴を紹介します

スポンサーリンク
コインチェック

PathFund(PATH)の特徴

発行枚数1,000,000,000,000,000 PATH
公式URLhttps://pathfund.net/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類BSC
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0x9974F4E6FF49ac39469928E5d7cCa3E8649ae6b8

PathFundとは

PathFundは、マーケティングキャンペーンの資金で立ち上げるプロジェクトを後援する、信頼できるローンチパッドを目的としています

購入者の安全を確保するために、プロジェクトは徹底的に検証および監査されます

プロジェクトがすべての検証に合格すると、プロジェクトが開始されPathFundから資金を受け取ることができ、これはプロジェクトの着実な成長つ繋がります

機能

利用するユーザーにより行われた各トランザクションの3%はウォレットにリダイレクトされ、ローンチパッドとPathFund自体を介して、開始されたプロジェクトのスポンサーに使用されます

またその内、各トランザクションの3%が自動的に流動性プールに追加、3%は所有者間で分割されます

PathFundのスマートコントラクト機能により、プロジェクトは安全に立ち上げられ支援を受けることができます

大規模なマーケティングキャンペーンを展開し、巨額の投資家を見つけるのに苦労することはありません

PATHトークンの成長

PATHトークンはデフレーションの性質を持っています

PathFundの価値はすべてのトランザクションを利用して、常に上がり続けます

トークンの保護

事前監査、KYC検証、およびトケノミクスの評価により、将来的に実施されるのプロジェクトの安全性が保証されます

多層マーケティング

PathFundのマーケティングウォレットは、プロジェクトに関する認識を高めます

ローンチパッドを介して開始されたプロジェクトをサポートするために使用されます

利益

全てのユーザーが行ったトランザクションの3%は、PathFund(PATH)の所有者に再配布されます

流動性

PathFundは、信頼できるエコシステムを確立するために流動性プールをロックしています

流動性はDXLockによって1年間ロックされます

この期間の後、LPはプラットフォームを通じて再びロックされます

独占性

PathFundトークンの所有者は、今後のプロジェクトについて世界中の投資家よりも早く知ることができ、プレセールスを独占することが可能になります

ロードマップ

PathFund(PATH)の開発ロードマップを紹介します

2021年4月
  • アイデアの起源
  • プロジェクトの開発を開始
  • ビジネスコンセプトの開発
2021年5月
  • チームの集会
  • コミュニティの構築
  • マーケティングキャンペーン
  • ウェブサイトとソーシャルメディアのアカウント
  • PancakeSwap、CoinMarketCap、CoinGecko、Blockfolioのリスト
2021年6月
  • ICOの準備
2021年第3四半期
  • マーケティングシステムの改善
  • プラットフォーム用に追加の開発者の雇用
  • プロジェクトとのパートナーシップを確立
  • PathLaunchコンセプトの開発
  • PathLaunchプロジェクトへのインタビュー
  • マーケティング代理店とのパートナーシップを確立
2021年第4四半期
  • プラットフォームリリース
  • PathLaunchを介してプロジェクトを起動します
  • PathLaunchプロジェクトのマーケティングキャンペーンを後援

購入方法

BSCトークンである「PathFund(PATH)」を取引するにはDEXを利用する必要があります

現在、DEXのPancakeSwapを利用することで購入・売却が可能となっています

また、BSCトークンを利用する際には、Binance Coin(BNB)が手数料の支払いに必要となりますので、世界最大級の取引所である「Binance」のアカウントを準備しておきましょう!

ウォレットとDEXの利用方法は以下の記事を参考にしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました