【Polkadot(DOT)】はWeb3.0を構想しブロックチェーンに互換を持たせる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

先日、仮想通貨の時価総額が2兆円を超え、ランキング4位に躍進したPolkadot(ポルカドット)という仮想通貨について解説します!

このPolkadot(DOT)という仮想通貨は、

  • Web3 という次世代インターネット社会の構築
  • 仮想通貨のブロックチェーン同士を繋ぎ合わせる

という大きな目的を遂行するために開発されました

Polkadot(DOT)が手掛けるWeb3とはどのようなものなのか?

ブロックチェーンを繋ぎ合わせる方法やそのメリットを分析します!

スポンサーリンク
コインチェック

Polkadot(DOT)の特徴

仮想通貨は次世代のスタンダード通貨になり得ると言われていますが、実際には様々な問題を抱えています

時価総額が1位のビットコイン(BTC)のブロックチェーンやイーサリアム(ETH)のブロックチェーンにおいてもスケーラビリティーやガバナンスの問題、実用可能性や開発の困難さなど真の普及に至るまでには大きな壁を越えなくてはなりません

それを解決する可能性を示し、世界から注目されている仮想通貨が「Polkadot(DOT)」です

この仮想通貨は、Web3(3世代目のウェブの世界)を構築するためのプロジェクトの一番初めのプロダクトです

分散型ウェブ

現在のウェブは2.0世代と言われ、極端に中央集権化が進んでいる状態になっています

中央集権とは、権利の所在がはっきりとしていてそれが一極集中している状態です

これのメリットは権利の保持者が信頼を得やすいこと、意思決定がスムーズに行われることです

反面デメリットとしては、透明性の無さと権利元の破綻などによる資産の損失です

IT業界では、ITの4巨人と言われるGAFA(Google、Amazon、Facebook、Apple)に権利が集約し、情報を独占しています

情報の独占によってGAFAを始めとする大企業は、そのビッグデータを解析しサービスに転じることで莫大な利益を得ています

このビッグデータの中にはユーザーの意図しない情報が過剰に含まれています

一人一台のコンピューターデバイス(スマホなど)を持っているこの時代にデバイスから全ての個人情報が吸い上げられています

この一極集中の状態でコントロールされている世界に変化をもたらすのが「Web3」による分散型ウェブです

ブロックチェーンの技術を利用し、非中央集権化を図り「誰かが管理しているインターネットからみんなで管理するインターネット」の世界を構築します

分散型ウェブによって、ユーザーの個人情報は全てブロックチェーンでの管理を行います

ブロックチェーンに記載されている情報は暗号化され且つ、改ざんが行えません

この情報をユーザー自身で管理を行うことで極度の中央集権化を逃れることができます

ひと繋ぎのブロックチェーン

非中央集権化を目指して開発された仮想通貨は数多の種類に及びます

ビットコイン(BTC)も世界共通で利用できる通貨を目指して開発され、イーサリアム(ETH)を始めとするアルトコインも分散型台帳を利用しているものが多くあります

これによって、非中央集権化に向けた動きは活発になっていますが、仮想通貨の種類によって、メリット・デメリットが多くあるのが現状です

ある通貨では送金に10分掛かるがセキュリティは高い

またある通貨では送金に3秒しか要さないがハッキングされた過去がある

など、ざまざまな仮想通貨が群雄割拠の時代となっています

理論上、IPFS(分散型ストレージ)とイーサリアム(ETH)のような分散型台帳を利用して分散化したウェブを構築することは可能です

しかし、進歩していく時代と共により性能の高い仮想通貨やブロックチェーン技術が登場してくるのは想像に難しくありません

一度、イーサリアム(ETH)で分散型ウェブを構築してしまうとアップデートが非常に困難になります

これは仮想通貨によってブロックチェーンのルールが異なり、互換性も無い場合がほとんどだからです

それを解決するのが「Polkadot(ポルカドット)」です

Polkadot(ポルカドット)が仮想通貨を繋ぎ合わせるには3つの技術を利用します

Parachains(パラチェーン)

パラチェーンとは、別の仮想通貨と互換性を持たせ、相互接続を可能にしたい独自のブロックチェーンのことを指します

これはパラチェーンとして新たに開発するのではなく、既存のブロックチェーン(ビットコイン、イーサリアム、リップルなど)も含めて接続対象とします

パラチェーンだけの場合は、ブロックの生成速度やトランザクションルールが異なったりと仮想通貨を構成している要因が様々です

Bridges(ブリッジ)

そのパラチェーンとパラチェーンを接続するのに利用するのがブリッジです

具体的には、パラチェーンとパラチェーンを後述のリレーチェーンに接続する役割を持ちます

リレーチェーンに接続する際に、パラチェーンのブロック生成速度やトランザクションにおいてのルールなどを仲介・吸収します

Reley chain(リレーチェーン)

リレーチェーンの役割は、様々なパラチェーンに記載されている膨大なデータを記録し、参照を可能にすることです

AのパラチェーンがBのパラチェーンに接続を試みたとき、ブリッジが間に入ることにより独自のブロックチェーンルールを緩衝しリレーチェーンに接続します

そのリレーチェーンで双方のブロックチェーンに格納されたデータを参照、記述することで異なるブロックチェーン同士の接続を可能にします

今後のPolkadot(ポルカドット)のレート

Polkadot(ポルカドット)は「Web3」という分散型ウェブを目指す計画の一端でしかありません

しかし、その影響は非常に大きく仮想通貨の枠組みを大き越えようとしています

現時点でも、銀行やスポーツ、大手IT企業や医療機関、国家を含めて仮想通貨を利用する動きが加速しています

様々な機関で、ブロックチェーンを利用することがスタンダードになれば、Polkadot(ポルカドット)を利用して異なる企業間でのデータのやりとりもシームレスになります

ネットワーク全体がブロックチェーン技術を利用すれば、異なるブロックチェーン同士でのイレギュラーが発生することは必然です

仮想通貨が普及すればする程、Polkadot(ポルカドット)は価値を高めていく可能性が非常に高いということになります

現時点では、国内の仮想通貨取引所では購入・売却が行えないため海外の口座を開設して利用しましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

チャートと購入方法

Polkadot(ポルカドット)のチャートです

購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Polkadot(DOT)」を購入することができません

海外の取引所を利用して「Polkadot(DOT)」を購入しましょう!

日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★
日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました