【用語集】PoS(プルーフ・オブ・ステーク)

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とはビットコインに用いられていたPoW(プルーフ・オブ・ワーク)を改善し、分散・省電力かさせることを目的に開発されました

従来のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)ではセキュリティとその高度な処理性能を維持するために膨大な電力が必要とされ、この仕組みを用いている仮想通貨の取引手数料は高価となっていました

また、設備投資を可能にしているのは大企業などの資本が多いところに集中し個人での分散が難しくなっていたのも現実です

仕組み

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)は、処理性能に依存するのでははなく「株式」の様な仕組みとなっています

ステークとは仮想通貨の保有量と保有期間の事を指し、持っている通貨の量に応じて発言権が与えられ、また、それに対しての報酬も発生します

  • P2P 1IPアドレス毎の発言権
  • PoW マイニングでの貢献度を発言権の大きさとする
  • PoS 保有している通貨の量と期間にに対しての発言権

ブロックチェーンの核とも言える「分散型」をより顕著にするため開発されたこのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)のコンセンサスアルゴリズムを用いた仮想通貨はアルトコインに多く見られます

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)では手数料が安く電気代などのコストもほとんど関係ありません

イーサリアム(ETH)は、元々のコンセンサスアルゴリズムをPoW(プルーフ・オブ・ワーク)としていましたが、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)に切り替えることを表明しています

オススメ取引所 No. 1「コインチェック」
国内取引所で最も多い16種類の仮想通貨が取引できる取引所!
初心者人気もダウンロード数も国内No. 1の仮想通貨取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数16種類★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・コンビニ・クイック★★★★★

コメント

タイトルとURLをコピーしました