【Quant(QNT)】はブロックチェーン、DAG、Tempoなどのソリューション!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

ブロックチェーン、DAG、Tempoなどの分散型台帳テクノロジーによる情報と資産をより安全かつ容易に、費用対効果の高い方法で交換できるようにするQuant(QNT)の紹介記事です

Quant(QNT)が開発したOverledgerDLTゲートウェイでは、さまざまなシステム、ネットワーク、およびDLT(分散型台帳ネットワーク)間で相互運用性を提供します

このプラットフォームを基盤として、世界中の企業、政府、個人がテクノロジーによる利益を得ることを支援しています

スポンサーリンク
コインチェック

Quant(QNT)の特徴

発行枚数14,612,493 QNT
公式URLhttps://www.quant.network/
国内上場未定
購入できる取引所Binance,Coinbase など
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0x4a220e6096b25eadb88358cb44068a3248254675

QuantチームのOverledgerDLTゲートウェイは、分散型台帳のシステム、ネットワーク、DLT間で相互運用性を提供するため、新しいインフラストラクチャやボトルネックを発生させることなく運用できます

ソリューション

マルチDLTステーブルコインのマイニング

対象者:中央銀行、銀行、フィンテック、取引コンソーシアム、クローズドループ決済、マーケットプレイス、マイクロペイメントプラットフォーム

仕組み

資金は金融機関のエスクローに保管され、同じ価値のトークンがプライベートDLTで発行されます

これらの資金は、パブリックやプライベートの任意のDLT、またはDLTの混合で使用でき、Quant-patented Multi-Ledger Token(MLT)テクノロジーが適用されます

トークンが使用される場所に関係なく、所有権の変更が元のDLTに記録され、明確で監査可能な記録が維持されます

MLTの性質は、トークンが「オープン」であり、新しいDLTや異なるDLTが出現したとき、またはユースケースが拡大したときに使用できることを意味します

利用例

Quantソリューションは、中央銀行デジタル通貨(CBDC)向けのIMFの「半分散型」モデルを実装しています

また、合成CBDCのシンプルで柔軟な実装を可能にし、銀行はより柔軟なタイプのステーブルコインとして使用できます

このソリューションは、オープンで強化されたeMoneyの形式として機能します

ロイヤルティおよびバウチャープラットフォームとうまく連携することに加えて、海外との銀行支払いがスピードと透明性に欠けるデジタル化されたサプライチェーンにも適用されます

MLTを使用してさまざまな通貨を表すことにより、リアルタイムのステータスの可視性を備えた資金の送受信をすばやく簡単に行うことができます

エンドツーエンドのDLTアクセス

対象者:複数のDLTに接続している企業およびコンソーシアム、サプライチェーン、支払いプラットフォーム、DeFi企業など

仕組み

Overledgerは、ビジネスプロセスに関与するすべてのDLTと統合されます

サプライチェーンの場合、調達、ロジスティクス、来歴、税関、支払いに異なるDLTが使用される可能性があり、これらのDLTは相互に通信できません

これは、新しいプロセスが効率的に連携できるように設計する必要があることを意味しており、Overledgerは、これに対してのソリューションとして提供されます

単一のAPIにより、標準の開発ツールを使用して、すべてのDLTを同時に使用できるアプリケーションを迅速かつ簡単に開発できます

仮想通貨の支払い

対象者:さまざまな仮想通貨で支払いを受け取りたい、または支払いをしたい企業

仕組み

さまざまなDLT、およびそれらに保持されている仮想通貨と資産への完全に安全なアクセスを提供します

また、クラウドファンディングなどの支払いと回収のプロセスを設定することも可能です

目標額を定義することのみで、Overledgerは支払いを受け取るように各DLTを構成します

目標に達すると、Overledgerは自動的に資金を取引所にプッシュして、法定通貨に変換することができます

また、Overledgerは選択したDLTで、選択した仮想通貨で支払うことも許可します

Oracle BlockchainPlatformのスーパーバイザー

対象者:ブロックチェーンプラットフォーム(OBP)でホストされる、プライベートまたは許可されたDLTを使用する相互運用可能なマルチDLTアプリケーションを作成したい企業および開発者

動作

Oracle認定Overledger Gatewayは、OracleのBlockchainプラットフォーム間の相互運用性を追加します

他の権限ののDLTは企業で使用され、分散台帳ネットワーク間の相互運用性のユースケースの広範なセットを開きます

Overledger APIは、標準ベースの共通抽象化プラットフォームを提供します

これにより、ユニバーサルな相互運用性が可能になり、Quantのお客様向けのマルチDLTアプリケーション(mDApp)開発が簡素化されます。

オラクル

Oracle Blockchain Platformは、許可されたマルチパーティブロックチェーンネットワークを簡単に作成して、数分で安全なコラボレーションを実現できるように設計されています

Oracle Blockchain Platformは

  • 組み込みのID管理とガバナンス
  • オンチェーンアクセス制御
  • エンタープライズグレードのパフォーマンス
  • 動的スケールアウト
  • 分析統合

などを備えたサービスとして、高可用性、安全性、およびスケーラブルなブロックチェーンです

直感的な操作UIやDevOps APIセット、管理されたゼロダウンタイムのパッチ適用とアップグレード、および増大するワークロードに対する動的なスケールアウトをサポートします

イーサリアムのスーパーバイザー

対象者:イーサリアムネットワークを使用するアプリを作成したい企業や開発者

仕組み

OverledgerはEthereumを操作するための標準APIを提供しています

これによりユーザーは独自のEthereumノードを必要とせず、Ethereumのアプリケーションの開発に通常含まれる低レベルのインターフェイス、フォーマット、暗号化を学習する必要もありません

イーサリアムブロックチェーン

イーサリアムは、多数のERC20やその他のトークンをホストしているだけでなく、スマートコントラクトで最も広く使用されているプラ​​ットフォームでもあります

これはビットコインに次ぐ2番目に忙しいDLTですが、機能的ははるかに豊富となっています

リップルの監督

対象者:リップルネットワークを使用するアプリを作成したい企業や開発者

仕組み

OverledgerはRippleを操作するための標準APIを提供しています

顧客は独自のRippleノードを必要とせず、Rippleのアプリケーションの開発に通常含まれる低レベルのインターフェイス、フォーマット、暗号化を学ぶ必要もありません

リップル

リップルは通常、国境を越えた支払いや資金の移動に使用されます

他のユースケースにも使用されることは多くありますが、主には金融ネットワークとなっています

購入方法

Quant(QNT)の購入は海外取引所の「Binance」で行うことができます

Binanceでは、KYC(本人確認)に要する作業が簡易化されているため、3分程度で取引を開始することができます!

海外取引所を利用する際は、日本円の入金はできませんので仮想通貨での入金を行いましょう!

海外への送金時はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を利用すると手数料が高額になってしまう可能性があるため、手数料が格安のリップル(XRP)がお勧めです

リップル(XRP)は国内取引所の「コインチェック」や「bitFlyre」で購入することができます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました