【QURAS(XQC)】はユーザーの情報を秘匿するプライバシープラットフォーム!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

メインネットが2020年12月にローンチされたプライバシー2.0の秘密契約プラットフォームQURAS(XQC)の紹介記事です

QURASは、最先端の暗号化テクノロジーを利用してユーザーの情報に対するプライバシー管理を強化することを目的にしています

  • スマートコントラクトでプライベートトランザクションを可能にするパブリックブロックチェーン
  • ゼロ知識証明およびリング署名テクノロジーを利用したプライバシー
  • 強化されたセキュリティ、スケーラビリティにより、採用と規制コンプライアンスの強化
スポンサーリンク
コインチェック

QURAS(XQC)の特徴

発行枚数888,888,888 XQC
公式URLhttps://quras.io/
国内上場未定
購入できる取引所Bithumb Global 
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0x70da48f4b7e83c386ef983d4cef4e58c2c09d8ac

QURASは、プライバシーが保護された匿名のトランザクションを可能にする次世代のブロックチェーンとして機能します

このブロックチェーンを使用するとユーザーと開発者は、すべてのデータを非公開にしてスマートコントラクト、カスタムトークン、およびトランザクションを作成できます

QURASは、プログラム可能なスマートコントラクトとプライバシー機能を1つのプラットフォームで組み合わせています

QURASを使用する開発者は、独自のプライバシートークンを作成したり、プライベートトランザクションをパブリックスマートコントラクトと組み合わせたり、パブリックスマートコントラクトで完全に透過的なトランザクションを使用したりできます

プライバシー

匿名トランザクションでは、関係者のみがトランザクションに関する情報を表示できます

リング署名とゼロ知識証明プライバシーテクノロジーの統合により、QURASブロックチェーンは実際にデータを公開することなく、そのデータの整合性を検証および保証できます

デュアルトークンモデル

QURASはデュアルトークンモデルを採用しています

QURAS(XQC)はQURASプラットフォーム内のスマートマネーとして機能し、QURAS GAS(XQG)はGAS代として発生します

これにより、XQGがXQCの価格への影響から切り離されプラットフォームユーザーのUXが向上します

低価格

QURASは、既存のブロックチェーン取引の料金体系に対し、トランザクション料金を非常に低コストに設定しています

さらに、低頻度利用のユーザーには1日あたり3回の無料トランザクションの権利が割り当てられます

取引手数料の分配

QURASプラットフォームでスマートコントラクトを使用すると、手数料(GAS代金)の20〜40%がスマートコントラクトの発行者に自動的に配布されます

これにより、プラットフォームを使用する開発者が簡単に収益化できるようになります

高いスケーラビリティ

QURASブロックチェーンの現在のトランザクションスループットは、15秒のブロック生成時間で1秒あたり1,000トランザクションです

ユーザーはビットコインの様に長い時間の待機を要することなくトランザクションを完了することができます

ステーク

QURASでは、XQCを持っている人なら誰でもステーキングに参加できます

XQCをウォレットに配置することで作成されたブロックごとにXQGを獲得でき、XQGはプラットフォーム上のトランザクションで直接使用可能となります

購入方法

QURAS(XQC)を購入するには、海外の仮想通貨取引所である「Bithumb Global」を利用する必要があります

海外取引所の利用時には、日本円での入金ができないため仮想通貨での入金を行いましょう

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を利用すると数千円のトランザクション料金が発生してしまう場合もあるので、送金には手数料の安いリップル(XRP)を利用しましょう!

国内取引所ではリップル(XRP)を扱える「コインチェック」や「bitFlyer」などがお勧めです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました