【RealFevr(FEVR)】はサッカーゲームとNFTでエコシステムを構築する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

世界のファンタジースポーツ市場は2027年までに486億ドルに達すると予想されており、ファンタジーアプリケーションの途方もない潜在的な成長を示しています。

ファンタジースポーツは、ファンタジーリーグ、プレーヤー数、および米国などの主要市場からの収益が健全な速度で成長し続けているため、成長段階にあります

たとえば、米国だけでも、ファンタジースポーツセクターの収益は2021年に83.7億ドルを超える予定であり、「RealFevr」のような革新的な企業が確立しています

そのエコシステムとガバナンストークンである「FEVR」の解説記事です

スポンサーリンク
コインチェック

RealFevr(FEVR)の特徴

発行枚数16,000,000,000 FEVR
公式URLhttps://www.realfevr.com/fevr/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類BSC 
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0x82030cdbd9e4b7c5bb0b811a61da6360d69449cc

ビジネスモデル

RealFevrのビジネスモデルは、さまざまなシステムパーツで構成されています

ファンは無料のファンタジーリーグやトークンリーグをプレイできるだけでなく、IPで保護されたユニークなデジタルサッカーNFTを獲得できるVideoCollectiblesパックを購入することもできます

これらのNFTを獲得して取引するには、ユーザーはRealFevrのトークンであるFEVRを使用する必要があります

ファーストパックの収益分配

Binance Smart ChainアドレスにFEVRトークンを所有した後、ユーザーはデジタル収集品パックを入手できます

アカウントごとの料金配分は次のようになります

権利所有者の場合は50%、不特定の期間ロックされている場合は40%、RealFevrの場合は10%です

ロイヤリティ

すべてのRealFevrDigital Collectiblesマーケットプレイス取引には、最大5%の手数料がかかります

定期的に売買するユーザーに報酬を与えるためのロイヤルティプログラムが実装されています

また、RealFevrにはすべての権利者に対する永続的なロイヤルティが組み込まれています

これは、ケースバイケースで交渉され最初の販売後のすべてのトランザクションに固定され、権利者の公式の知的財産(IP)を保護し、報酬として還元しています

サブスクリプション

定期的にNFTパックを受け取りたいファンは、指定されたスマートコントラクトでFEVRトークンをロックしてドロップごとに一定の数のパックを受け取ることができます

各ドロップの購入待機または、新しいドロップのNFTパックを入手し損ねない様に、ユーザーはサブスクリプションモデルを採用できます

各サブスクリプションの価格は、利用可能なスポットの数によって異なります

レンディング

市場でデジタル資産を販売するだけでなく、ユーザーは他のユーザーとの間でNFTビデオ収集品を借りたり貸したりすることができます

ユーザーがビデオコレクターを貸すとき、貸主は追加のFEVRトークンを取得します

ユーザーが収集品のビデオを借りるとき、貸主は他のファンにFEVRトークンを支払います

資産は元の所有者に返還されるため請求額ははるかに手頃な価格になります

CLUBS ローンチパッド

世界中のどのクラブチームでもRealFevrエコシステムに参加することができます

独自の収集品を展開してFEVRマーケットプレイスで取引し、すべてのマーケットプレイスユーザーに公開することができます

クラブチームがパンデミックの制限に関連する収入の不足に直面しているとき、プラットフォームを無料で利用する事で新しい収入を得ることができる様になります

ゲーム内のNFT

RealFevrエコシステム内では、NFTの収集品がゲーム内で使用され各ユーザーのフチームのプレーヤーにボーナスポイント、パワーアップ、ブーストが与えられます

このようにして、RealFevrはゲーム内の経済的インセンティブとして独自のデジタル収集品を使用し、参加するユーザーに対して報酬を与えるプラットフォームになります

購入方法

RealFevr(FEVR)の購入・売却などの取引は国内の仮想通貨取引所では行えません

取引を行いたい場合は、

  • 国内の取引所アカウント
  • Binanceアカウント
  • ウォレット

が必要となります

ウォレットの利用方法は以下記事を参照してください

コメント

タイトルとURLをコピーしました