【RobustProtocol(RBT)】は宝くじやレンディング、NFTなど様々な機能を提供する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

BSC(バイナンススマートチェーン)上で作成されたデフレトークンである「RobustProtocol(RBT)」の紹介記事です

スポンサーリンク
コインチェック

RobustProtocol(RBT)の特徴

発行枚数100,000 RBT
公式URLhttps://robustprotocol.fi/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類BSC
コンセンサスアルゴリズム調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0x891e4554227385c5c740f9b483e935e3cbc29f01

固定供給

発売時には、合計10万RBTの供給が作成され、5万がロバストトークンリザーブにデポジットされてロックされます

これ以上RBTを作成することはできない仕様になっています

No Presale

RBTの総供給量の40%は、パンケーキスワップの流動性として提供されバーン(燃焼)されます

その内50%はRBTリザーブでタイムロックされます

デフレ

すべてのRBT転送には、1%の手数料がかかります

事実上、すべてのトランザクションはRBTの総供給量の削減に貢献します

報酬

RBTトランザクションが発生するたびに、トランザクションの合計金額の1%が差し引かれ、燃やされ、RBWに変換されます

タイムロック

RBTとリザーブスマートコントラクトの両方で15日間のタイムロックによる遅延があります

RBW保有者は、エコシステムの変更や、改革を実装するために投票を実施できます

コミュニティが統治

RBTおよびその後のすべてのプロジェクトは、コミュニティが管理するプロジェクトになります

株主として、RBW保有者は議決権を有します

ロバストリワード(RBW)

RBWは、RBTスマートコントラクトによってのみ作成できます

RBTトランザクションが発生するたびに、トランザクションの合計金額の1%が差し引かれ、RBWに変換されます

RBWは、ロバストプロトコルエコシステムにおける保有者のシェアを表します

生態系のガバナンスに使用され、所有者にコミュニティの議決権を付与します

RBWは、RobustProtocolエコシステムの下で将来のすべてのプロジェクトをブートストラップするための主要なトークンにもなります

ロードマップ

RobustProtocol(RBT)の開発ロードマップを紹介します

2021
  • アルゴリズムによるStablecoin
    現在運用されているさまざまなモデルに基づくハイブリッド部分担保アルゴリズム安定コイン
2021
  • 分散型エクスチェンジ
    Binanceスマートチェーン上の分散型エクスチェンジおよびアグリゲーター
    コア機能により低い料金で利用することができます
2021
  • 分析
    チャート、価格アラート、指値注文、取引分析、その他の取引ツールを含むプラットフォーム
2021
  • 貸し借り
    暗号資産を借りたり貸したりするためのプラットフォームです
    これは、アルゴリズムの安定したコインプロジェクトに組み込まれます
2022
  • NFTプラットフォーム
    このプロジェクトは未定です
    チームはコミュニティと協力して、最適なルートを決定します
2022
  • 宝くじとギャンブル
    このプロジェクトは未定です
    チームはコミュニティと協力して、最適なルートを決定します

スマートコントラクトの確認

資金の損失を回避するために、以下にある正しいスマートコントラクトを確認してください

ロバストトークン(RBT):
0x891e4554227385c5c740f9b483e935e3cbc29f01

ロバストリワード(RBW):
0x4cc23264e1ef8dd8173e4ec07e6a01cc7476d997

RBTリザーブ:
0xb3095c1C74737cCefc0a8D7D4b9Dfb7446D3415B

RBTタイムロック:
0x9733f3838c013468165E7Cf69eA87A8Dd2e976Fb

Pancakeswap
RBT-BNB:
0xfb3a3e8e9a1fbfdfb237442168a96ec84a331b1f

Pancakeswapから購入する場合、トランザクションを実行するには、スリッページ許容値を1%以上に設定する必要があります

購入方法

RobustProtocol(RBT)は現在、BSC系のトークンを扱うことができるDEX(分散型取引所)であるPancakeswapでしか取引を行うことができません

国内の取引所では扱うことができないので準備を行いましょう

RobustProtocol(RBT)の取引に必要なのは、

  • 国内の取引所アカウント
  • Binanceアカウント
  • ウォレット(MetaMask)など

BSC系のトークンを取引するためには、世界最大級の取引所であるBinanceのバイナンスコイン(BNB)が手数料の支払い時に必須となるので注意してください

ウォレットの利用方法がわからない方は以下の記事を参考にしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました