【Smartlink(SMAK)】はTezos上に構築された分散型エスクローシステムを提案する仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

ICOを開始する予定の「Smartlink(SMAK)」の紹介記事です!

エスクローサービス、マーケットプレイス、資金調達の3つの主要なセグメントで運営されるプラットフォーム「Smartlink」の特徴とICOの参加方法は以下からです!

オススメ取引所 No. 2「ビットフライヤー」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
国内仮想通貨の取引高1位、世界9位の取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・クイック・Tポイント★★★★★
Smartlinkに出資できるテゾス(XTZ)を購入可能な取引所!
スポンサーリンク
コインチェック

Smartlink(SMAK)の特徴

発行枚数896,083,333 SMAK
公式URLhttps://token.smartlink.so/
国内上場未定
購入できる取引所ICO中のため未定
ブロックチェーンの種類FA1.2(TZIP-7)
コンセンサスアルゴリズム調査中

現時点でSmartlinkは、ICOによる資金調達を行う準備を行なっているため、国内・海外の取引所(CEX/DEX)を利用して購入することはできません

Smartlink(SMAK)の特徴とロードマップを以下から紹介します

信頼のソリューション

Smartlinkは、グローバル市場において非常に重要なパーツとなる信頼に対してのソリューションを提供しています

定期的なオンライン取引から国際貿易まで、取引当事者はしばしばお互いに対する信頼の欠如に直面します

信頼とは、関係者が合意に達するために商取引関係を構築するための最低限の条件です

多くの場合、中立的なサードパーティがそれらの間のブリッジする必要があります

サードパーティを使用すると、ビジネスを行うための全体的なコストが増大し、紙を大量に消費する運用プロセスが必要になり、実行時間が長くなります

プラットフォームでは取引中の信頼の必要性を排除するサービスのエコシステムを提供します

Smartlinkは、Tezosプラットフォーム上に構築された一連の分散型サービスを通じてこれを実現します

  • Smartlinkエスクローサービス:C2C、B2C、およびB2B向けの分散型エスクローサービス
  • Smartlink支払い処理:デジタル通貨を活用して即時支払い決済を行う分散型支払いポータル
  • Smartlinkマイルストーン管理:Smartlinkのエスクローサービスの一部として機能するスマートマイルストーン管理サービス
  • Smartlink Marketplace:小売顧客およびビジネスクライアント向けに製品とサービスを一覧表示できる分散型マーケットプレイス

エスクローサービス

Smartlinkエスクローサービスはスマートコントラクトを活用して、デジタルコントラクトとP2Pトランザクションの契約を作成します

エスクローサービスでは利用者が契約条件を満たすために使用できる契約テンプレートを提供します

契約の基礎となる条件が満たされると、支払いは自動的に処理されます

4つのメイン機能です

  • 企業が信頼関係に依存することなく契約を結ぶことができます
  • 企業が従来の契約書作成サービスのコストを節約できるようにします
  • 支払いの自動決済を提供します
  • サードパーティのエスクローサービスやパーティの存在を必要としません

マーケットプレイス

Smartlinkでは、

  • 仮想通貨ウォレットブラウザの統合
  • エスクロースマートコントラクト
  • マルチ仮想通貨のサポート
  • 大幅に低い料金
  • 組み込みの報酬システム
  • ユーザーフレンドリーインターフェイス

などの高度な機能を通じて、既存のソリューションとは一線を画す新しいWebのマーケットプレイスを立ち上げる予定となっています

マーケットプレイスは、売り手がプラットフォームに製品やサービスを追加できるようにするリストモジュールを備えています

各リストには製品の画像や説明、支払いオプション(製品の1回限りの支払い、サービスの1回限り/定期的な支払い)、およびオンチェーンレビューシステムが含まれます

マーケットプレイスの購入者は、支払い中にブラウザ互換のウォレットを自動接続できます

支払い方法として選択可能なのは、支払いをすぐに決済するかトランザクションのエスクロースマートコントラクトの2種類となっています

資金調達

企業は資金調達のためにSmartlinkを利用することができるようになっています

資金調達モジュールは、スタートアップが使用している現在の資金調達方法の制限のいくつかを解決することを目的としています

すべてのプロジェクトに専用のページを提供し、ユーザーが詳細理解できるように記載しています

プロジェクトは、ユーザーがSMAKトークンまたはサポートされているWrappedトークンの形式で出資するためのエスクロースマートコントラクトを作成できます

ユーザーをホワイトリストに登録するための資金調達モジュールに標準のKYC / AMLプロトコルを統合します

資金調達モジュールは従来の形式において問題となっていた、高額な手数料や支払い処理手数料、およびセキュリティ上の懸念を排除します

また、基盤となるブロックチェーンとしてTezosを使用すると、トランザクションのスループットに影響を与えずに、トランザクションに要するコストを低減させることができます

購入方法

Smartlink(SMAK)のICO参加方法を解説します

テゾスアドレスを作成

テンプルウォレットにテゾスアドレスを作成する必要があります

TzStats - Tezos Block Explorer by Blockwatch
Tezos Block Explorer. Powerful data API and advanced analytics. Search the Tezos blockchain for addresses, assets, transactions, smart contracts, and more.

TempleはFA1.2互換のウォレットであり、後でSMAKトークンを簡単に表示できるようになります

これは、公開販売後にSMAKが送信される受信アドレスになります

出資

サポートされている通貨の1つを使用して出資を行います

Smartlinkにおいて出資が認められている通貨は

  • ビットコイン(BTC)
  • テゾス(XTZ)
  • イーサリアム(ETH)
  • ドル($)
  • ユーロ(€)
ホワイトリスト

ユーザーの身元を提示し、ホワイトリストを取得する必要があります

Smartlink Verification
Smartlink Verification Platform

運営から確認メールが送られてくるので、確認しましょう

残高の確認

ホワイトリストに登録されると、上記のセクションで残高を確認できるようになります

ロードマップ

Smartlink(SMAK)のロードマップを紹介します

2021.Q2
  • ウォレットの統合
  • パブリックセール(ICO)
  • SMAK ステーキング
  • エクスロー報酬の統合
  • Wrappedトークンの支払い
  • SMAK支払いの有効化
2021.Q3
  • マルチステークホルダー
  • NFT機能の実装
  • マイルストーンの支払い
  • モバイルアプリ開発
  • KYCの実装
  • オンチェーンアービトレーション
2021.Q4
  • オンチェーンガバナンス
  • 戦略的パートナーシップ
  • スマートコントラクト
  • メインネットローンチ
  • フィアット支払いの統合
  • 所有権証明書
2022.Q1
  • リーガルフレームワークのインポート
  • ターゲティング広告
  • オープンソースAPI

チャートと将来性

Smartlink(SMAK)は現在価格情報がありません

  • Pre-ICO | 2021年4月29日〜5月5日 1テイスト= 0.007 USD
  • ICO| 2021年5月5日〜6月30日 1テイスト= 0.010 USD

Smartlink(SMAK)の将来性

Tezosのブロックチェーンを利用して構築されたSmartlink(SMAK)は非常に期待できそうなプラットフォームです

現時点では、ICOもまだ開始していない状況ですが興味のある方は今のうちからウォレットの作成、ホワイトリストの登録を行っておくと良いと思います!

Smartlink(SMAK)の購入方法

現在、日本の仮想通貨取引所では「Smartlink(SMAK)」を購入することができません

ローンチ後は海外の取引所を利用して「Smartlink(SMAK)」を購入しましょう!

海外の取引所で目当てのアルトコインを購入するまでの大まかな流れは以下の手順となっています

  1. 日本の取引所で口座開設を行う
  2. 日本の取引所に日本円を入金する
  3. 入金した日本円で仮想通貨を購入
  4. 日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨を送金
  5. 海外の取引所で目当ての仮想通貨に交換

海外でしか扱うことができないアルトコインの購入をしたい方は、以下から日本の取引所口座を開設して準備を行いましょう!

これから仮想通貨の取引を始める方は、コインチェックかビットフライヤーを、既に株式やFXの経験がある方はDMM bitcoinの口座開設をお勧めします!

オススメ取引所 No. 2「ビットフライヤー」
国内取引所で2番目に多い12種類の仮想通貨が取引できる取引所!
国内仮想通貨の取引高1位、世界9位の取引所!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数12種類★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法銀行・クイック・Tポイント★★★★★
Smartlinkに出資できるテゾス(XTZ)を購入可能な取引所!
日本の仮想通貨取引所で口座開設

日本の金融庁に認可を得ている企業のみが取引所のサービスを提供できます

日本の取引所でなければ日本円での入金・出金が行えないため必ず1つは口座を作っておきましょう!

取引所によって扱える通貨の数や手数料が異なるので3つ程度の口座を持っておくと便利です!

日本円を入金して仮想通貨を購入

口座を開設したら、日本円を入金しましょう!

入金方法は取引所によって異なりますが、「銀行振込」か「コンビニ入金」のどちらかがスタンダードです

基本的には、銀行振込の方が手数料も安く出金できるまでのスピードも速いのでこちらを利用しましょう!

コンビニ入金やクイック入金は、急ぎで仮想通貨を購入したい場合に利用します

どちらも一長一短なので臨機応変に使い分けることをお勧めします!

仮想通貨を購入

国内の取引所のみで利用する場合は、好みの仮想通貨を購入して運用を楽しみましょう!

海外の仮想通貨取引所を利用する場合は、国内・海外で共通した仮想通貨を購入する必要があります

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)はほとんどどの取引所でも扱うことができます!

中でもリップル(XRP)は送金にかかる時間が短く、手数料も圧倒的に安いためおすすめです!

参考として現在のレートでの手数料

  • ビットコイン(BTC):0.001BTC=6000円
  • イーサリアム(ETH):0.001ETH=2000円
  • リップル(XRP):0.1XRP=2.5円
海外の取引所

海外の取引所で口座を開設しましょう!

KYC(本人確認)が日本の取引所ほど厳しくないため、数時間〜1日程度で口座の開設が完了します!

海外取引所でも日本語に完全対応しているものもあるので安心して利用できます

取引高やユーザー数の観点で見ても世界最大級の取引所である「Binance」も完全日本語対応しています!

当サイトから口座開設を行うと、送金時にかかる手数料が永年10%キャッシュバックされます!

海外取引所に送金

日本の取引所から海外の取引所に仮想通貨(リップルがおすすめ)を送金しましょう!

送金時に、アドレスとタグ(ある場合は)の入力を間違えないようにしましょう!

仮想通貨のスワップ

海外の取引所に仮想通貨が送金できたら、目当ての仮想通貨とスワップ(交換)を行いましょう!

一般的にビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)は幅広くスワップできますが、スワップに対応していない場合は2回のスワップが必要になります

  • テザー(USDT)
  • バイナンスコイン(BNB)

など(Binanceを利用する場合)のステーブルコインや独自トークンを利用すれば多くの仮想通貨とスワップできます

これで目当ての仮想通貨にトレードできたらレートが上がるのを待ちましょう!

オススメ取引所「Binance」
取扱通貨数が700を超える世界最大級の取引所!
スプレッド0の超優良取引所!取引手数料も最安「0.05%」!
評価(5点満点)
取扱い通貨の数700種類以上★★★★★
アプリの使いやすいさiOS,Android★★★★★
入金方法仮想通貨★★★★
このサイトからBinanceの登録を行うと手数料10%が永年還元!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました