【SmartX(SAT)】はブロックチェーンに新しい拡張性を目指す仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

SmartXは、ブロックを独立して生成することができ、拡張性が高いため、チェーン構造のブロックチェーンの動的拡張スキームとして使用することを可能にするために開発されました

SmartX(SAT)の特徴や購入方法を紹介します

スポンサーリンク
コインチェック

SmartX(SAT)の特徴

発行枚数10,000,000,000 SAT
公式URLhttps://smartx.one/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類ETH
コンセンサスアルゴリズムPoW,PoS
コントラクトアドレス(ERC-20)0x1f0f468ee03a6d99cd8a09dd071494a83dc1c0e5

SmartX(SAT)には大きく4つの特徴があり、ブロックチェーンにおける次世代テクノロジーパブリックチェーンとして利用できるように設計されています

B-DAYアルゴリズム

SmartXには、B-DAGアルゴリズムと呼ばれる独自の革新的なDAG構造アルゴリズムがあります

分散型のプラットフォームであるSmartX(SAT)では、PoWマイニングをサポートしメインブロックと比較しても高パフォーマンスを発揮できる拡張性があります

混合コンセンサス

PoW層で勝者ブロックを選択し、PoS層でトランザクションの確認を高速処理しています

次世代のブロックチェーンテクノロジーを統合することで、高いパフォーマンスとスループットを実現しています

この技術は、トランザクション容量と速度の両方で革命的な進歩となる可能性を秘めています

時間によるペナルティメカニズム

ペナルティブロックを含むブラックリストメカニズムを追加し、ペナルティトランザクションと呼ばれるタイプのトランザクションを追加します

コアデータ構造として有向非巡回グラフを使用する分散型元帳テクノロジーを利用しています

動的ハッシュアルゴリズム

Lua / JSなどのスクリプト言語を使用して、ワークロードプルーフハッシュ関数を動的に実装します

インセンティブスキームは、異なる市場の力の間のバランスを達成するために慎重に設計されています

購入方法

SmartX(SAT)は現時点では、国内や海外の仮想通貨取引所で購入することができません

DEX(分散型取引所)を利用して取引を行う必要があります

DEXの利用には、

  • イーサリアム(ETH)の購入が可能な国内の取引所
  • メタマスクなどのウォレット

が必要となります

国内の取引所では、イーサリアム(ETH)の送金時に手数料の掛からない「DMM bitcoin」や「GMOコイン」がおすすめです!

ウォレットとDEX(分散型取引所)の利用方法がわからない方は以下の記事を参考にしてください

コメント

タイトルとURLをコピーしました