【SMEGMARS(SMGM)】は精巣がんの研究と将来のチャリティー団体に寄付するための仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

SMEGMARS(SMGM)は、反クジラ、反ラグプル(流動性プールの持ち逃げなど)のコミュニティトークンです

精巣がんの研究と将来のチャリティー団体に寄付するために作られました

SMEGMARSを買い、オートステークスに参加することで、報酬を得られるのと同時に精巣がん撲滅を目指すことができます

スポンサーリンク
コインチェック

SMEGMARS(SMGM)の特徴

発行枚数10,000,000,000 SMGM
公式URLhttps://www.smegmars.space/
国内上場未定
購入できる取引所DEX(Pancakeswap)
ブロックチェーンの種類BSC
コンセンサスアルゴリズム 調査中
コントラクトアドレス(BEP-20)0x74f3a669a8f35010f6f8811c495c0a5f60c5d04d

多くのトークンは、開発チームがすべてのマーケティング活動に資金を提供し、言葉を広めていくことに依存しています

SMEGMARSの開発チームは、有料のマーケティング活動に加えて、個々人が作成した多くのコミュニティにバックアップされています

ステーク

お金を運用して利息を得る方法は多くあります

その中で最も安全でシンプルな方法のひとつは、一定期間の使用や持ち出しが禁止されているCD(Certificate of Deposit)の普通預金口座にお金を預けることです

これは、金利が非常に高いことが魅力の一つで仮想通貨の世界では「ステーキング」と呼ばれています

オートステーキングでは、契約によって管理されたトークンのプールがあり、管理されてます

これらのトークンは、すべての取引にかかる7%の手数料から得られます

このトークンはアクティブな投資家に分配され、その割合は保有するトークンの数に応じて決められます

つまり、トークンを保有しているだけで、取引が行われるたびに収益を得ることができるのです

また、早期に売却した場合にはペナルティが課せられるため、「スイングトレード」などの価格操作を抑制することができます

反クジラ

1回の取引で全体のSMGMトークンの0.5%以上を売買することを防ぎます

これは、1人の個人によって引き起こされる大きな価格変動のリスクが少なく、より安定した価格を維持するためのルールです

ロードマップ

SMEGMARS(SMGM)の開発ロードマップを紹介します

フェーズ1
  • 3日間で1500万円の時価総額を達成
  • 10,000ドルをMovember(精巣がん研究)に寄付
  • Twitter、Instagram、TikTokによるソーシャルメディア・マーケティングを開始
  • JabagelmanやLondonLazなど、フルタイムのインフルエンサーをチームの一員として獲得
  • 6000人以上の投資家を獲得
  • V1契約はHackenの監査を受け、提出・検証済み 監査
フェーズ2
  • V2コントラクトを立ち上げ
  • 可変の最大トランザクションサイズと自動ステイクレート
  • CoinGeckoへの上場に成功
  • V2監査をHacken.ioに提出
  • CoinMarketCapに申請
フェーズ3
  • ホワイトビット、XT.com、ブロックフォリオなどの複数の取引所に上場
  • ソーシャル・メディア・マーケティング
  • ビルボード/公共広告によるグローバル・マーケティング戦略の開始
  • グッズストアの再立ち上げ

購入方法

SMEGMARS(SMGM)の取引は、国内や海外の中央集権取引所ではなく、DEX(分散型取引所)を利用する必要があります

BSC(バイナンススマートチェーン)上で開発されたトークンを利用するには、

  • 国内の取引所アカウント
  • Binanceアカウント
  • ウォレット

が必要となってきます

また、BSCトークンを扱う際は、手数料の支払いに「Binance Coin(BNB)」を所有している必要があるため注意しましょう!

ウォレットの利用方法がわからない方は以下の記事を参考にしてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました