【TribeOne(HAKA)】は真のP2Pを構築しスリッページのないDeFiへのゲートウェイとなる仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

真のP2Pを構築しスリッページのないDeFiへのゲートウェイとなる仮想通貨とそのプラットフォームである「TribeOne(HAKA)」の紹介記事です

TribeOneプラットフォームでは、仲買人を必要とせずスマートコントラクトでの一元管理を行います

また、ETHなどで問題となっている高額なガス料金も必要最低限で済み、RAROC(取引におけるリスク調整後リターン)も不要です

スポンサーリンク
コインチェック

TribeOne(HAKA)の特徴

発行枚数180,370,238 HAKA
公式URLhttps://www.tribeone.io/
国内上場未定
購入できる取引所未定
ブロックチェーンの種類パブリックチェーン
コンセンサスアルゴリズム調査中

分散化したプラットフォーム

TribeOne(HAKA)は、AIを利用し様々な分散型サービスを提供します

  • NFTプラットフォーム
  • 信用リスクプラットフォーム
  • 貸出プラットフォーム
  • 借入プラットフォーム
  • 貯蓄プラットフォーム
  • NFTプラットフォーム
  • 信用リスクプラットフォーム

真に分散化されたエコシステムと、消費者とマイクロファイナンス業者が利用できる顧客中心の製品を導入することにより、革新的なシフトを生み出すことを目的としています

既存のDeFiプラットフォームとは異なりあらゆる作業を簡単に利用することができます

投資

TribeOne(HAKA)の投資商品を紹介します

低リスクから高リスクまで3つの商品があり、好きなものを選ぶことができます

低リスク「Safe Plans」
  • TribeOne個人貯蓄プラン
  • ウォレットへの毎週の支払い
  • ロックイン期間や最低預金の制限なし
  • DeFi保険パートナーによるオプション取引の補償
中リスク「NTF Pool Invest」
  • NFTへ投資するコミュニティベースのプール資金
  • NFT鑑定士によって評価されるデジタル資産
  • 永久損失をカバーするDeFi保険
高リスク「Tele Yields」
  • 安定した仮想通貨の調整済みAPYを提供
  • DeFi保険パートナーによるオプション取引の補償

Borrow

TribeOne(HAKA)のローンやレンディング製品は4種類の所用なものがあります

「NFT Lending」
  • 担保としてNFTに対して提供されたローン
  • NFT住宅ローン
  • NFTを購入するために提供されたローン
「Poloka Loans」
  • 最大90%の融資
  • 自動承認、信用調査不要
  • 手数料ゼロと柔軟な返済
  • DeFi保険パートナーによるオプション取引の補償
「Laiti Loans」
  • 低担保ローン、ゼロ担保ローンを提供
  • DeFi保険パートナーによるオプション取引の補償
「Mana Loans」
  • 0から低額までの担保付ローン
  • DeFi保険パートナーによるオプション取引の補償

ロードマップ

TribeOne(HAKA)の開発ロードマップを紹介します

2021.Q2
  • IDO
  • ホワイトペーパー1.2
  • DEXへのリスト
  • BSCでのMVP開発
  • NFT資金調達
2021.Q3
  • NFT資金調達
  • CEXへのリスト
  • BSCのMVP
  • Kusamaでのテストネット起動
  • Laiti Loans
2021.Q4
  • Laiti Loans
  • Sefe Plans
  • Tele Yields
2022.Q1
  • ポルカドットへの移行
  • Sefe Plans
  • Tele Yields
  • モバイルアプリ
  • Laiti Loans
  • Mana Loans

チャート

TribeOne(HAKA)は現在ICO開催前のためチャート情報がありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました