【Vabble(VAB)】はストリーミング体験のプラットフォーム!特徴と仮想通貨の購入方法を解説!

インタラクティブなストリーミング体験を提供する「Vabble(VAB)」の紹介記事です

このプラットフォームを利用することによってどこでも、様々なユーザーと、映画、ドキュメンタリーシリーズを見ることができます

スポンサーリンク
コインチェック

Vabble(VAB)の特徴

発行枚数1,456,250,000 VAB
公式URLhttps://www.vabble.com/
国内上場未定
購入できる取引所DEX
ブロックチェーンの種類ETH
コントラクトアドレス(ERC-20)0xe7ae6d0c56cacaf007b7e4d312f9af686a9e9a04

ブロックチェーン技術

Vabble(VAB)は言論の自由を目的として開発され、ブロックチェーンを搭載しています

映画、ドキュメンタリー、シリーズ、ショータイムストリームのライブラリをホストしており、独自の仮想通貨である「VAB」を使用して標準の収益分配モデルを構築しています

Vabbleは、すべてのSVODだけではなく、これまでにないエクスペリエンスを提供します

プロジェクト

Vabbleはコンテンツクリエーターがネットワークを構築し、視聴者を増やすための媒体として2015年にベータテストを行なっています

このベータ期間中、Vabbleは5,000人を超える登録ユーザー、10万人以上のページビュー、数百のアップロードを成功させています

ソーシャルメディアプラットフォームからSVODサービスに移行することで、クリエイターは数多くの恩恵を受けることができます

機能

Vabbleの主要なサービスと機能を紹介します

仮想通貨でのチップと紹介

コンテンツが気に入った場合や、クリエイターへの賞賛を送りたい場合、ユーザーはVabble(VAB)を利用しそれを可能にします

また、紹介プログラムを通じてユーザーを呼び込んだことに対しても報酬が与えられます

独占コンテンツ

他の映像配信プラットフォームでは配信されていないコンテンツの視聴が可能です

厳選されたコンテンツは、政治的議題に抵触するものを排除するようなフィルタリングは実装されません

独立したチャット

同じコンテンツを視聴している友達や他の人とコメントを行うことができます

好きなコンテンツを介して、様々なユーザーとのコミュニケーションを可能にします

Production Launchpad

Production Launchpadは、以下のように機能します

  • 企業やベンチャーキャピタルの資金調達のためのツール
  • VabbleExclusiveコンテンツの制作に資金を提供するためのプラットフォーム
  • 創造的な自由と検閲への抵抗を確保するための強力なシステム
  • 投資家が利益の分配
  • 独占的なコンテンツ
  • キャスト署名されたNFTを介して報酬を得る

ロードマップ

Vabble(VAB)の開発ロードマップを紹介します

2021,Q2~Q3
  • シード/プライベート/パブリックセールス
  • プライベートアクセス
  • マーケティングキャンペーン
  • ユニスワップリスト
2021,Q4~2022,Q1
  • プラットフォームテスト
  • VAB統合
  • 共同監視の展開
  • オリジナルの映画/ドキュメント
  • アルファテスト
2022,Q2~Q4
  • ベータライブ
  • 収益システムの展開
  • NFTマーケットプレイス
2023,Q1
  • Vabbleプロダクションランチパッド
  • テイクアウトの統合
  • 映画、シリーズ、ドキュメントのリリース
2022,Q2~Q4
  • 分散化のホスティング
  • コンテンツ投票
  • フルローンチ

購入方法

Vabble(VAB)の取引はDEX(分散型取引所)を利用することで行えます

国内の取引所では扱うことができないので、ウォレットなどの準備を行いましょう

イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上で発行されたトークンを扱えるDEXは「Uniswap」や「1inch Exchange」などが代表的です

国内取引所からイーサリアム(ETH)を送金するときは手数料がかからない「GMOコイン」や「DMM bitcoin」などがお勧めです

また、ウォレットの利用方法は以下記事より参照できます

コメント

タイトルとURLをコピーしました