【WINkLink(WIN)】はスマートコントラクトを介して現実世界にアクセス可能な仮想通貨!将来性はあるのか?特徴と購入方法を解説!

仮想通貨を構成している分散型台帳技術の代表格であるブロックチェーンは、データが改ざんが肘上に困難で、厳格に暗号化され、検証可能な優れたストレージシステムです

しかし、ブロックチェーンは外部情報にアクセスすることも、情報が本物で信頼できるかどうかを判断することもできません

WINkLinkは、スマートコントラクトを介して実世界のデータを接続する問題を解決し、分散メカニズムを介してデータの信頼性を保証するプロトコルです

スポンサーリンク
コインチェック

WINkLink(WIN)の特徴

発行枚数994,719,859,246 WIN
公式URLhttps://winklink.org/#/home
国内上場未定
購入できる取引所Binance
ブロックチェーンの種類TRON
コントラクトアドレス(TRC-20)TLa2f6VPqDgRE67v1736s7bJ8Ray5wYjU7

DeFi

WINkLinkを使用して、信頼できる価格データをDeFiプラットフォームにフィードします

分散型金融アプリは、トークン交換と住宅ローンの価格を提供します

WINkLinkの組み込み価格オラクルシステムは、DeFi構築開発者に安定かつ信頼できる価格フィードを提供することを可能にします

オフチェーン

WINkLink Oracleはより多くのユースケースのための信頼できるオフチェーンデータです

WINkLink Oracleを使用すると、開発者はスポーツや天気などの実際のデータを使用できます

開発者はここでカスタムメイドのオラクルを作成し、スマートコントラクトを現実の世界に数分で接続することができます

TRON

TRONエコシステム構築を加速させます

WINkLinkのスマートコントラクトは、あらゆるデータに簡単にアクセスでき、さまざまな業界で信頼できるデータエコシステムを形成します

より速く、より安定し、より安価なトランザクションで、開発者とユーザーにより良いサービスを提供します

信頼性

WINkLink(WIN)のプラットフォームでは、オラクルを用いデータ提供を行う際に、絶対的な信頼性を掲げています

安全な、信頼性が高く独立したノードであり、WINkLinkによって監査およびフィルタリングされた後にサービスが展開されます

また、ノードを構築し、WINkLinkの価格見積もりサービスを提供することも可能です

その他にも、以下のようなサービスを提供しています

  • 仮想通貨ペアの分散型価格レファレンスサービス
  • 開発者向けにGitHubでスマートコントラクトコードを展開
  • 信頼できるデータを提供
  • さまざまなTRC20ペア取引価格を提供

購入方法

WINkLink(WIN)は、現時点では国内の取引所で売買を行うことはできません

海外にある、最大級の取引所「Binance」で取引が可能となっています

海外取引所を利用する時は、手数料の高いビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを利用するより、リップル(XRP)を利用することをお勧めします!

リップル(XRP)を扱うことのできる国内の取引所は、

  • コインチェック
  • bitFlyer
  • GMOコイン
  • DMM bitcoin

などがあります

当サイトからBinanceの登録を行うと手数料の一部が永年還元されます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました